情報の裏にお金が蠢く時、信頼性を失う【2】

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

インターネットが発達し、誰でも簡単に世界へ向けて情報発信が可能と
なった今という時代、その力が強まれば強まるほど、そこもまた聖域の
ままでいられなくなります。

お金による汚染が発生してしまう。

個人は自分で書いた記事でお金を受け取ることに慣れておらず、報酬が
もらえるとの話が出ると簡単に、そして過剰に汚染されてしまいます。

 

個人がネット上に公開する情報の利用価値は極めて大きく、それを利用
しないという選択肢はありません。

完全にお金の奴隷となっている大手メディアの投資情報なんて、全くと
言っていいほど信用ならず、個人の情報を信じるしかないんです。

少なくとも個人の情報は汚染された情報と綺麗な情報が混在しています。
綺麗な情報は、情報の質はともかくとして少なくとも意図的に捻じ曲げた
解釈がされているとか、見かけを取り繕っただけであったりはしません。

インターネット上で信頼に足る投資情報を手に入れるには、裏側に欲望が
混じったものでないかどうかを見極める必要があります。

 

尚、今回は最後にお知らせがありますので、上からお読みになった上で
お時間がありましたら目を通して頂けると幸いです。

ネットで真実? 見極めるのは自分自身です。

一貫性のない人は信用できない

信用できるかどうか、の見極めについては「情報の質」の問題もあります
ので、非常に難しい話になってしまいます。

ですのでここでは「信用できないのはどのようなものか」を主眼において
書いていこうと思います。

あくまで僕個人の考えであることはあらかじめご了承下さい。

 

絶対に外すことができないのは「一貫性」です。

嘘を書いていたり、思ってもいないことを書いている人は必ず「一貫性」
にほころびが生じます。

過去に書いていたことと最近書かれたものを比べ、一貫性が感じられない
場合は要注意です。

 

時間の経過により考えが成熟したことから意見が変わったということは
大いにありえますので、記事のつまみ食いで判断をしてはいけません。

が、何かしらの判断基準、とりわけ投資可否判断などが「緩和されている」
場合は危険信号でしょう。

リスクを排除したいのならば投資可否判断を緩和する必要は一切ありません。
読んでくれている方にリスクを背負わせるようなことを薦めるのはまともな
精神状態ではできませんから、お金に目が眩んでいる可能性があります。

 

不動産投資で言えば評価額の計算式が甘くなっていたり、将来的な見通しが
無条件に楽観的であったり、安易にフルローン、オーバーローンによる投資
を薦めていたり、などです。

いずれも裏に何かしらの意図が動いているように思えます。

 

意見をコロコロ変える人は信用に値しない

もっと危険なのは、「予兆無く投資スタンスが変化した場合」です。

たとえばこれまでずっと国内の収益不動産をしていてそれを薦めていたのに
突如海外不動産投資を薦めるようになった時。

ずっと可能性を探っていてついに動き出した、ならまだ分かります。しかし
ある日突然として投資スタンスが変化した場合は、誰の意見であろうと信用
すべきではありません。

何らかのお金が関わっていると考えて間違いない。

 

例えるならば、僕が突然「東京都湾岸エリアの区分マンションでキャピタル
ゲインが得られる」と言い出すようなもの。

スタンスの変更を考えている場合、純粋な自分の意見で書いているならば
悩んでいることについてちらちらと記事中に意見の変化の兆しが見え隠れ
するのが一般的。

もし今までと違ったものを推奨するにしても、限定的な条件をつけることで
予防線を張るのが普通です。

 

そう、意見の唐突な変化は、書いている人にもリスクがあります。それにより
人の恨みを買う可能性があることを、真面目に自分の意見を公開している人は
誰でも理解しているはず。

にも関わらずそのような行動をとるということは、相応の見返りがあっての事。
つまり、お金が裏で動いている可能性が高い、と。

 

予兆無く投資スタンスが変化したと感じたら、素直にその方を信じないように
して下さい。あなたのメンターはいつの間にかあなたの懐を狙う悪魔へと変貌
しているかもしれません。

 

信頼できるメンターに出会えるように願います。

他にも情報発信をする個人の取捨選択方法は個人的に感じるものはありますが、
はっきりと説明できるものは以上の2点です。

個人にもお金が流れるのが当たり前になった今の時代、これだけは気をつけて
頂きたい。

 

前回書いたように、僕のところにもそのような広告の依頼は度々来ています。

高額な報酬がついていると少し心が揺れたりしますが、僕が一貫性を失って
しまったら最終的には信用を失い損をするだけですので、今のところは本当に
僕が有益であると確信したもの以外は協力していません。

できるだけ安心して、純粋に記事を楽しんで頂きたいというのが僕の願い。

 

何故2回も掛けてこんな記事を書いたかといえば、今まで不動産投資について
素晴らしい情報発信をされている方が突然として妙なことを言い出してしまう
ことが最近増えているように感じるからです。

僕のしつこい、長ったらしい記事をしっかり読んでいただいている皆さんには
釈迦に説法であるとは思いますが、念のため警鐘を鳴らす意味で書かせて頂き
ました。

少しでも変な被害に遭われてしまう方が減れば幸いです。

 

お知らせ

以下はお知らせです。セミナーのご案内ですので、興味の無い方はこれにて
ブラウザを閉じていただければ幸いです。あと、対象は20歳代限定とのこと
ですので、対象外の方には申し訳ありません。

本文でこんな記事を書いておいて何だこいつは、と思われるかもしれませんが
言い訳をしておくと、恩返しというやつです。

証明する方法は全くありませんが、当セミナーの紹介案件において僕に広告料
が入ることは一切ありません。

純粋に集客がうまくいっておらず困っているとの切実なメールを頂いてしまい
ましたので、恩もありましたので紹介をさせて頂きます。

 

今回のセミナーの講師は伊藤邦生氏。僕もブログで紹介させていただいている、
「地方プレミアム投資術DVD版」の著作者になります。

この教材の有用性は、ご覧になった方であればご理解頂けていることでしょう。
もし宜しければ是非こちらもどうぞ。お勧めです。

 

不景気の時代しか知らない20歳代の方が抱える将来の不安を解消することが
目的のセミナーとのこと。

内容的には純粋に「お金についての知識やお金を得るためのベース」を養う
ためのもの。

単純に聞けばお金が稼げるようになるようなものではなく、あくまで原理原則
を知るためのセミナーです。

 

ですが、それが最も大切なこと。

僕は常日頃から不動産投資をビジネスの原理原則に当てはめて考え、行動し、
ここまでやってきました。

不動産投資のセミナーなんて、一度も行ったことがありません。考え方の基礎
ができていれば、あとはしっかり頭を使うだけで成功するには十分なんです。

僕の記事をこれまで長くお読み頂いている方には、十分にご理解頂けているの
ではないでしょうか。

 

ただ、それを一朝一夕で行うのは難しい。簡単にまとまっている書籍なども
皆無です。勉強しなくては、と思ってもなかなか手が伸びずにずるずると、
なんて方がほとんどではないでしょうか。

それを2時間のセミナーとして伊藤氏が伝授してくれます。

もちろん2時間で全てを悟ることはできないでしょう。しかし良いきっかけと
なることは間違いありません。

 

記事も長くなってしまいますので、伊藤氏について、及びセミナーの詳しい
内容については公式サイトをご覧願います。以下にリンクを用意しましたので
どうぞご利用下さい。

20代限定!! -20代年収300万円からお金持ちになれる方法-

 

唯一難を言えば、セミナータイトルのセンスはもう一歩、といったところ
でしょうか。(笑)

参加費用も手頃ですから、お時間のある方は是非参加してみて下さい。
日程が差し迫っておりますのでお早めにご確認を。

ちなみに僕は参加できません。年齢に引っかかっていますので……。

 

お知らせは以上です。お読み頂きありがとうございました。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 年末にトラブルを抱えるのは嫌なものです。
  2. 僕の学習法はひたすら書くことです。
  3. お金が余ってしまうほどあるなら、自分のために使うべきですね。
  4. 人生設計を細かくしすぎるのはどうかと思いますが、何も考えないのはより問題。
  5. 野生動物だってやっていること。
  6. 齢を重ねることで不利になる?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る