自由な時間を手に入れるための不動産投資目標純資産

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

フィリピンの台風被害が凄まじいことになっていますね。

流されてしまった方も多いでしょうし、これからは病気が流行ります。
治安の悪化も予想されます。

 

各国から支援は既に始まっていますが、落ち着くには
かなりの時間が必要となることでしょう。

少しでも多くの命が救われ、一日でも早いフィリピンの復興をお祈りします。


フィリピンの早期復興をお祈りします。

日本の税金は高い?

日本人もかなりの数が巻き込まれ、安否不明の方が多いようです。
フィリピンで仕事をしている人はもちろん、中には早期リタイアを
して自由な生活をされていた方もいるかもしれません。

災害に遭う、遭わないについては完全に運ですから
一概にどうこう言えませんが、海外への移住については
本当によく考えなければいけません。

 

最近こんな話題もありました。

資産フライト思惑ハズれ…海外移住した富裕層が続々と帰国中

ソースが日刊ゲンダイなのはちょっと目を瞑って頂いて。(笑)

 

でも、こういうことは本当にあると思うんですよね。

理想的な生活を求めて引っ越してみたら思ったようでは無かった、
なんてよくある話ですし、何が原因かはともかくとして、移住して
失敗したと思っているかたは少なからずいらっしゃるでしょう。

 

実際、僕は日本に比べて海外の環境がいいなんてこと、信じられません。
数字上はいいのでしょうが、数々のリスクを勘案するとどうでしょうか。

もちろん確固たる理念を持って移住をする人を批判したり
するつもりはサラサラなく、むしろ尊敬します。

しかし、日本で十分な金額の不労所得、もしくはそれに近い収入を
得られるようになったからといって、ただ税金が安いからなどという
理由だけで海外移住する人の考えはよく分かりません。

 

僕が日本がとても好きだというのもあるかもしれませんが、少なくとも
優れた衛生環境、四季の美しさ、食べ物の多彩さと美味しさ、治安の良さ、
お金を出せば世界中の大抵のものが手に入ること、その他諸々……。

日本には高い税金を払ってでも住む価値があると。そして子供を育てるなら
日本以外では考えられない。そう思います。

どうせなら、たくさん税金を払ってより日本を日本人にとって
住みやすい国へと変える手伝いをしたい、とすら思います。

 

個人が少し税金を納めたくらいで変えられるようなものではない、
というのは重々承知していますが。自己満足の世界です。

でも、こうして個人が想いを持つというのが民主主義の根本ですから、
せめて僕だけでも日本のために頑張りたいと思います。

そのために、まずは不動産投資、及びその他の事業で成功しなければ、
ですね。今回のフィリピンの台風などに多くの寄付金を出すにも、
まずは自分自身が成功しなくてはできませんから。

 

日本における生活時間の価格

実際、日本においても一度多額のお金を手にしてしまえば
移住などしなくても数世代に渡り悠々自適な生活を送ることは
可能なんです。

具体的にいえば、3億円手元にあればほぼノーリスクで際限なく
お金を増やし続けることが可能であると考えています。

 

3億円というと一般的なサラリーマンの生涯年収を上回る金額。
そんなお金がそうそう手に入るはずがありません。ただ、日本で
ノーリスクで自由な生活をしようとなると、ここを目指すことになる。

このブログを読んでいるということは不動産投資をしようと考えている、
もしくは既に始めていると思います。

故にもし3億円が手に入ったらと言うとRCマンションを現金買いしようとか、
新築マンションを建てようといった話が思いつくかもしれませんが。

 

実際3億円あったら、不動産に限らず何かしらの資産へリスクヘッジを
しながら投資すれば投資による所得だけで生活することなんて簡単です。

ほぼノーリスクであろう長期米国債を2億円分購入するだけで、
不労所得が年600万円入ります。これだけあれば生活するには
十分過ぎる金額。

安直ですが。

 

3億円あれば、FXだろうと株だろうと超安全運用でいけば、
極めて低リスクで十分な利回りを得ることが可能でしょう。

売買という仕事をしなければいけませんけどね。

 

こうして考えると、日本においてストレスの無い自由な時間を
一生過ごすには3億円という金額がひとつの目安となる、
と考えていいでしょう。

日本で贅沢な生活をするにはもう少しお金が欲しいところですが、
その場合は理想に合わせて金額を上乗せすればいいだけ。

具体的な目標が決まりましたね。不動産投資と労働賃金合わせて3億円。
もし自分の理想がはっきりせず目標を決められないでいるようなら、
純資産3億円を目指すのが良いかもしれません。

 

平均的サラリーマンの給与では届きませんが…。

3億円というと途方もない金額に聞こえますが、実際に事業をしてみると
以外にもそうでないことが分かります。

キャッシュフローが1000万円あれば30年で、2000万円あれば15年で。
労働賃金があれば更に短期間で貯めることができる。

僕もここ1年半で約2000万円の金融資産が増えました。
税金などを支払っての残額でこれですから、今後経営の
効率化がすすめばより多く資産を拡大できると思います。

純資産」の増加であれば更に増えるでしょう。

 

不動産投資の場合、実際に手元に残る以上に総資産は増えますから、
あっという間です。手の届かない金額と思い込まないで下さい。

3億円プレーヤーを目指し、一緒に頑張りましょう。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. やんちゃ盛りなんです。何事も経験して成長します!
  2. 芽が出るかどうかは私たち次第
  3. 僕の学習法はひたすら書くことです。
  4. 女性には女性らしい活躍を期待します。
  5. 20130125-000310.jpg
  6. 相手が企んでいることを知りたいと思いませんか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る