情報の裏にお金が蠢く時、信頼性を失う【1】

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資だけでなく、投資やビジネスで稼いで独立したい、という
願望を抱いている方は多いと思います。

そこまでいかなくても、サラリーマンとしての収入以外に別の安定した
手間の掛からない定期収入があったらいいな、との期待を込めてネット
で検索をされている方は非常に多いのではないでしょうか。

 

副収入を得たい場合、最も簡単で確実なのはアルバイトをすることです。

これはたとえ医師であっても同じことで、収入を補うためにアルバイト
に励む医師はたくさんいます。

大学病院に勤めていると、大学からの収入だけでは生きて行くことすら
困難な時代もありますから致し方なく時間を削ってバイトをしている、
ある意味バイトがメイン収入であったりもしますが……。

ただ、ある程度以上の金額が得られるようになると誰もが必ず考える事
があります。

たかだかバイト収入のために貴重な休みを潰したくない。もっと自分が
やりたいことをする時間が欲しい、けどお金も必要だ、と。

お金と時間のジレンマですね。

 

このジレンマを抱えた方が取る行動は、時間を掛けずにお金を得られる
方法がないか探すことになります。

で、答えは簡単に見つかって。投資に辿りつく、と。

 

ここで株式投資を始める人もいれば、ネットビジネスに手をつける人も
いますし、私たちのように不動産投資に興味を持つ人もいます。

特に、よく調べる方ほど不動産投資には惹かれやすい傾向にあるのでは
ないでしょうか。

 

選択するものがいずれであっても、ここで気をつけなければいけない事
があります。

信頼できる情報源の確保、です。

お金は人を悪くも変えてしまいます。

信用できないメディア、信頼される個人

言われた通りの業務をこなせばよいアルバイトと異なり、投資やビジネス
を始めるとなると稼ぎの主体は自分自身。自分で一から十まで学ぶ必要が
あります。

いくら時間を費やしたくない、とはいっても調べて知識を得ることまで
省略しようとする方は少ないと思います。

 

昔はその道の専門家を訪れる以外に情報を得る手段はありませんでしたが、
幸いなことに今はインターネットがありますので、家から出ることなしに
あらゆる情報を集めることができます。

最近は個人の情報発信力が非常に強力となりました。大手メディアよりも
ネット上で個人が発信している情報の方が信頼性が高いなんてこと、最早
珍しいことではありません。

ネット上では一部、情報の裏にお金が動くことを極端に嫌う風潮があり、
広告費で動くメディアよりも裏表の無い個人の方が信用するに足りるとの
気持ちもあるのだと思います。

 

これは実に重要なことです。

人間、お金が関わると変わります。企業であれば尚更。そもそも営利企業
の本質はお金を稼ぐことですので、広告費を受け取り宣伝に協力をする事
は絶対に否定できません。

嘘を発信してはいけませんが。

 

ただ、最近は度が過ぎているためにテレビも新聞もつまらないものとなり、
信頼度も低下してしまっています。

情報の裏にお金が回りすぎると、事実が捻じ曲げられてしまう。嘘を本当
だと信じ込まされてしまう。

そんな意識のもと、ネットの広告排除文化が生まれました。お金が背後に
隠れているものは信用できない、善意で情報を流す個人こそが唯一無二の
信頼できる情報源である、と。

個人的には無報酬で行う情報発信も質的な問題が大きいとは思いますが、
ある意味では真実であり、お金が裏で回るのが当たり前の業界が信用する
に当たらないのは確かだと思います。

 

こんな状況下で投資やビジネスの情報をネットで探している方がいったい
どのような基準で情報を取捨選択するでしょうか。

共感を覚えるかどうか、です。読んだ意見に対し強い共感を覚えれば、
この人は信用できると感じる。

顔を合わせて話をするのと同じですね。

 

信頼できる人を見つけたら、その人からできるだけ知識を吸収しようと
その人の書いたものを読み漁ったり、薦めている書籍を読んでみたり。

同じようになろうと努力を始めることになります。憧れの人に近づこう
としているのと同じで、当たり前の行動です。

 

強力になった個人の情報発信力

ここには罠があります。

最近は個人の情報発信能力が非常に発達しました。中にはそれを上手に
ビジネスに応用し、情報発信で大金を稼ぐことに成功した方も数多い。

それはそれで悪いこととは思いません。むしろすばらしいことです。

 

問題は、ここ最近企業が強力になった個人の情報発信能力を利用しよう
とする傾向が強まっていること。

個人で情報発信をしている人は見返りなど関係なしに趣味で行っている
場合がほとんどです。

せいぜい、時々広告がクリックされたらいいな、と思っている方が殆ど
でしょう。

自分の書いたものでお金が稼げると思って書いている方は少ないのでは
ないでしょうか。

 

ですが、最近は個人が書いたものでお金が稼げるのが当たり前になって
きています。

検索エンジンで目立つことができたり、ブログランキングで上位になる
など、ある程度アクセスが得られるようになると企業から結構な頻度で
依頼が来るんです。

僕も複数社から何度も連絡を頂いています。

 

個人の情報の裏にも、お金という悪魔が蠢き始めている時代なんです。

 

そんな時代、何を信じればいいのでしょうか。もしくはどんなことに
注意をすれば間違った情報を信じ込まずに済むのでしょうか。

投資で間違った情報に踊らされることは、経済的な死を意味します。
私たちは身を守るために、真実を見極めなければいけません。

 

次回に続きます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お金の多寡は時に精神性を映す鏡ともなり得ます。
  2. pm2.5で覆われた上海
  3. 紅葉でもゆっくり見てこようと思います。
  4. いつまで悩んだまま行動しないつもりですか?
  5. 東京の普通の生活とはなんでしょうか。
  6. 止めたいと思いながら吸い続けていませんか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る