今のお金を求めず、将来の理想を追求するのが投資に対する正しい姿勢

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

お金を稼ぐのはそう難しい話ではないと感じますけれども。

「自由に使ってよいお金を増やす」のは大変難しい問題であるとは
僕も強く同意します。結局、今の消費低迷の原因がここにあるのは
間違いありません。

ちなみにここでいう自由に使えるお金とは、贅沢をしたり遊ぶお金
の事だけではなくて、子供の教育費としてとか、家庭で必要とする
費用全般の話。

必要経費として落とせる部分ではなく、事業と完全に切り離された
個人的なお金、です。皆が欲しているのはこれですよね。

 

僕は幸いにも、個人的に必要だと考えるお金には充足しております
ので(あまり個人でお金を使うモノが無い為)、このような悩みを
抱えずに済んでいます。

それなら何故、不動産投資をしたり事業をしたりとお金を稼ごうと
しているのか、と思われるかもしれませんが、そこは家庭の事情も
あり、また単純にそれが楽しいからでもあり。

加えて子供が大きくなり、親が歳を取るにつれて家庭で必要になる
お金は増える可能性がある、との予測の元、早いうちから準備して
おこうとの気持ちを持っています。

要するに、将来の「自由に使えるお金」を増やそうとの目標を持ち
仕事に励んでいます。皆さんと同じです。

これが、今すぐ、例えば5年以内に毎月10万円、自由に使えるお金
を増やそうと思うと、僕にも相当難しいかもしれません。特に収入
を増やす方向では。

できなくはありませんが、恐らくそれは既に培ってきた資産がある
から可能であると考えるのであって。

何も無かったあの頃、同じような目標を持って行動を開始しました
けれども、実現はしましたがその上で得たお金を自由に使おうとは
どうしても思えず、かえって節約をしてしまっています。

そして実現をする為にしてきた労力と自己投資は相当なものであり、
自賛するわけではないのですが誰にでも勧められる苦労ではないな、
と自分で思ってしまうほど。そもそも理解してもらえないだろうと。

 

僕の意見を聞くうえで重要な部分として、投資とは「自由に使える
お金を増やす為にあるものではなく、生活と精神に余裕をもたらし
理想を叶える助けになるもの」であるのを知っておいて下さい。

そこを理解頂けないままに色々とご相談をされても、期待する回答
が得られずに落胆をするだけと思われますので。

綺麗な河で魚を釣って焼いて食べる生活がしてみたい

「今のお金」を追求しないこと

月10万円の自由に使えるお金を増やすのが大変なのは、お金を稼ぐ
と支払うものも増える世界にいるのも理由です。

1戸だけ収益不動産を購入して家賃収入が月10万円入ったとしても、
諸々の経費支出や納税を終えた後に果たしていくら残るでしょうか。

融資を受けていなくたって、10万円丸々残るなんてありません。

 

元々の収入が多ければ多いほどハードルは上がります。所得税制が
累進課税方式になっているのはどなたでも知っている現実。

最高税率付近では倍稼いでも半分も残りません。実際には経費支出
が出来ますから利用できるお金自体はもう少し多くなりますけれど、
それは自由に使えるお金ではない。

必要経費として子供の教育費は支出できません。そういった意味で
贅沢をする費用を稼ぐ方が自由に使えるお金を増やすよりも遥かに
楽であると言えます。

だからこそ、多くの人間が不用意に経費を使い過ぎて自由に使える
お金を失い、後々苦しむ羽目になるのですけれども。

 

僕が普段書いているのは、この自由に使えるお金を増やす方法です。
それは間違いありません。だからこそ無駄な経費は使わないように、
税金はしっかり納めた方が良い、と繰り返しています。

しかしそれは、近々に使ってよいお金を増やす方法ではないという
事もはっきりと認識しておいて頂きたい部分。

将来のお金は確実に増える筈です。同様の理屈で行動して、投資で
下手な失敗をしなければ。けれども、今使えるお金が増えるかは、
僕が節制に努めている様子で察せるのではないでしょうか。

地方で自動車を所有せず公共交通機関を利用し、片道30分の徒歩を
してまで250円のバス代を節約している僕の様子を。

 

勿論それは安全面や健康面も考慮しての行動ですけれども。

ですけれども、そのくらいの心意気でいなければ、最終的に自由に
使えるお金を増やすなんてできない、との確信を持っています。

確信の下に、僕の資産は築かれていっているんです。

 

求めるものはお金ではない

もし短期的な収支を改善したいのならば、王道に立ち直って家計を
見直すところから始めるのをお勧めします。

住宅ローンを抱えている人はその整理を、お金が足りなくて悩んで
いる方は固定費の見直しを。

電気、ガス、水道の節約、食費の節約、新聞代などの削減、通信費
の削減など、合わせれば数万円は容易く捻出できる場合が多い。

家庭内で話し合いつつ、お金の悩みを家族で共有して下さい。

 

切羽詰まって不動産投資に救いを求め、収益不動産を購入するのは
泥沼への道。家庭崩壊を招く可能性すらある。

時々、思考を縛られ辛い気持ちを吐露されるメールを頂きますが、
残念ながらご期待には簡単に沿えません。厳しい言葉が並び、辛い
思いをさせてしまうでしょう。

 

私たちが求めるのはお金ではありません。理想的な家庭と理想的な
仕事環境です。

その点、迷われぬようご注意下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 何から手をつけていいかはまとまっていますか?
  2. 向かうべき方向に迷った時、どうするべきでしょうか。
  3. 含み益で贅沢なんてとてもとても……。
  4. お金を使うばかりが能ではありません。
  5. どのような絵を描くか。投資家としてのセンスが問われています。
  6. 最低賃金1,000円というと、8時間働いて、このくらいですね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る