融資返済、二つの方式の利点、欠点

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

融資を返済する形には、大きく分けて二つあります。

 

 

一つは元利均等返済

 

もう一つは元金均等返済

 

 

それぞれ利点、欠点があるので、解説していきます。

 

 

 

元利均等返済とは、元本の返済と利払いの合計額が、

毎月同じ額になる返済方式です。

 

 

例えば3000万円を金利1%、35年ローンで組んだとします。

 

完済までの利息は5,567,992円です。

 

つまり、

35,567,992円を35年×12ヶ月=420回

で支払うことになります。

 

 

すると、ひと月当たりの返済額は84,685円(端数省略)となります。

 

内訳としては、第一回は金利分が最大となります。

利息の計算は、支払日時点の融資残高から計算されるからです。

 

 

この例の場合初回返済の内訳は、

 

利息25,000円、元本59,685円です。

 

第一回は融資残高が最大ですので、利息も多くなるんですね。

 

 

年月が進むごとに、融資残高は少しずつ減り、

その度に利息が再計算されているから、

金利分が徐々に減り、元本支払いが増えていく。

 

この例で、丸5年、60回目の支払い内訳は

利息21,993円、62,692円、計84,685円となります。

 

 

利点として、毎月同じ額で支払えばいいだけですから、

返済の負担感が少ないことです。

 

 

欠点は、当初は元本がなかなか減らないため、

利息の支払いが多く、最終的な利払いが多くなることです。

 

負担が少ないからとボケっとしていると、

最終的な投資としての利益が減ってしまうため、

余裕ができたら繰り上げ返済も考える必要があります。

 

 

 

対して元本均等返済は、

元本の支払額を毎月同じ額に設定し、

そこに金利分を上乗せして毎月の返済額を決定する方式です。

 

 

先ほどと同じように、

3000万円を金利1%、35年ローンを組んだとします。

 

 

元本は3000万円ですから、35年×12ヶ月=420回で割ると、

毎月の元本分の返済はは71,428円となります。

 

ここに3000万円の金利分、25,000円を足して、

初回の返済額は96,428円となります。

 

 

元利均等返済に比べ、12,000円近く多いですね。

 

 

2回目以降、元本が減った分利息も減りますから、

返済額も減っていきます。

 

丸5年、60回目の返済額は

利息21,488円、元本71,428円、計92,916円となります。

 

 

利点として、最終的な利払いが少ないことでしょう。

 

 

欠点は、一番余裕がない最初のうちが返済額が

最も多いということです。

 

当初の返済の負担が大きく、その分資金も手元に残せないため、

十分な手持ちの資金が無い時に不測の事態が起きると、

返済に支障が出る可能性があります。

 

 

 

各々の特徴は、金利が高くなるほど強く表面化してきます。

住宅ローンではないですから、金利1%とはなかなかいきません。

 

元利均等返済では利払い合計額が大きくなり、

元金均等返済では当初の負担が大きくなります。

 

 

一般的には元利均等返済にすることが多いと思います。

運転資金に余裕がある方が、リスクが低いからです。

 

利払いの問題は、繰り上げ返済で解決できますから。

 

利益確定のため、収益不動産を売却することもあるでしょう。

 

 

自己資金に十分な余裕があるなら、

元金均等返済もいいと思います。

 

利払いが少なく、投資効率が良くなります。

 

 

ただその場合、自己資金をより大目にいれて

元利均等返済とする、という選択肢も忘れないで下さい。

 

 

 

金融機関にとってはお決まりのことですから、

返済方式のことが時々、あまり深く言及されないで

融資の話が進んでしまうことがあります。

 

 

融資を受ける際には返済予定表をちゃんと確認し、

うっかりしたことがないように気をつけましょう。

 

金融機関の契約内容変更には、

大きな手数料が掛かることがありますから。

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 少しずつ信用を取り戻せば、美しい夜景が見えてくるはずです。
  2. 動物だって将来の危機には備えるもので。
  3. 陣形を組むのは戦術の一つですが、戦略がなければ勝利はできません。
  4. 表面的な計画だけでローンを組んではいけません。
  5. 健全経営だったスカイマークも一歩間違えただけで破綻してしまいました。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る