消費者金融のCMが最高の教科書である訳

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

融資の支払い計画

 

 

 

こんなことを考えるのは、普通のサラリーマン生活であれば

自動車ローンや住宅ローンを組む時くらいでしょう。

 

 

しかし、事業をしていると何度でもやってきます。

 

 

 

借金は悪だ、と直感的に考えている人も少なくないと思いますが、

決して借金は悪いものではありません。

 

このシステムがなければ、経済は成り立たないのですから。

 

 

マイカーや自宅のための借金は、個人的には正直なところ、

健全ではないと思っています。

 

これは価値観の問題ですが、

借金で負債を買っているようなものだからです。

 

 

購入した途端価値は急落し、資産は激減します。

利払いというオマケまで残して。

 

よほどそれを手にすることによるメリットがなければ、

とてもじゃないですが、私には考えられません。

 

 

 

人生、お金だけではないですから、もちろんその人の自由です。

 

 

ただ時々、賃貸住宅を借りるとお金が減るだけでもったいない、

住宅ローンを組んで返済に当てた方が同じ額だったら得だよ、

 

ということをいう人がいます。

 

 

本気でそう考えているのでしょうか?

 

 

 

今、10万円の家賃のアパートを借りているとします。

 

諸費用、税金合わせて3500万円の区分マンションを

購入する決心をしました。

 

 

500万円を自己資金から捻出し、3000万円を金利1%、

元利均等返済方式で35年ローンを組みました。

 

 

これだと月々の返済は85,000円弱。毎月15,000円支払いが減ります。

 

15,000円*12ヶ月*35年=6,300,000円

 

35年で630万円、賃料を払うよりお金が浮きました。

 

 

で、このローンを真面目に35年間で払うと、

ずっと金利が変わらなかったと仮定して、

利息分は合計で550万円強になります。

 

 

差し引き80万円とマンション一室が手に入りましたね。

めでたしめでたし。

 

 

 

本当に?

 

 

 

まず、自宅を購入したら毎年固定資産税が掛かります。

 

 

また、区分マンションでしたら、毎月共益費がかかります。

 

 

そして35年も経てばだいぶマンション自体古びてきてますから、

修繕も必要です。

このお金は修繕積立金として、

マンションの管理組合が全戸から徴収しています。

 

 

何より、今後35年もあったら、金利はどうなるのでしょうか?

 

日本も高度経済成長期は、定期預金の金利が8%ほどありました。

 

 

今は何%でしょうか。

銀行の壁を見てみてください。

 

 

 

35年間かけて、資産価値が激減したマンションしか残りません。

 

浮いたはずのお金も、税金その他でむしろマイナスです。

 

 

お金に換算したらどうでしょうか。

マンションの価値を加味しても、

この低金利下ですら赤字となる可能性があります。

 

 

信用を盾にした融資は、リスクがあります。

 

もしその信用が失われる事態になったら?

リストラ、会社の倒産、病気や怪我、離婚、死別・・・

 

35年もあれば、何が起こるか分かりません。

 

 

住居や地域が嫌になっても、そう簡単に引っ越すこともできません。

 

 

その信用を使って、自由も失い、

金銭的にはよくてトントン、手に入るのは安寧のみ。

 

 

 

自分の家を持つということに対する価値観は人それぞれですから、

これをどう考えるかは自由です。

 

自由ですが、本当にちゃんと、ここまで考慮して購入したのか?

ここまで計画して融資を受けたのか?

 

 

 

お金を借りる時に一番重要なこと。それが

 

返済計画を立てる

 

ということ。

 

 

返済計画を立てるには、

ただ支払いのことを考えればいいのではありません。

 

融資を受けることにより、どんなメリット、デメリットがあるのか。

 

これをきちんと目に見える形で表にし、

本当に必要なのか、代替案はどうか評価した上で、

長期的な視野を持って計画を練り上げる必要があります。

 

 

事業としてやるなら尚更です。

しかし自動車や住宅と違って事業の場合は、

全てお金で判断できますから、計画を立てるのは容易でしょう。

 

 

正解か不正解か、はっきり数字にでますからね。

 

 

 

しっかりと地に足が付いた返済計画を立てれば、

融資を受けることは悪いこと、怖いことではありません。

 

むしろ、自分の収入では実現できない額のお金を扱うことができる。

レバレッジ効果の恩恵に預かることができます。

 

てこの原理により、

自分の信用を掛けてでも手にしたいモノが手に入るなら、

融資を受ける価値はあると思いませんか?

 

 

 

絶対に、誰でも聞いたことがあるはずです。

 

「ご利用は計画的に。」

 

CMの最後にさらっと言いますが、超重要なことです。

どんな少額であっても融資を受ける時は、計画的に受けましょう。

 

 

決して忘れないでください。

煽られて借金をするなんて、最悪ですからね。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 3回目です。今度こそチャンスを逃さぬように。
  2. 金融機関は亀のように安全確実を求めています。
  3. ノーマネーでフィニッシュです。
  4. 金融の世界は次々変わっていきますね。
  5. 自由になるお金がたくさんあれば安全なのですが。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る