痛みを背負って自己資金を投じた経験は何にも代えがたい宝物

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

もしも投資家としてのレベルアップを図りたいなら、兎にも角にも
『まずは何かしらへ自己の資金を投じてみる』事が極めて大事です。

FXは9割が損するから駄目、株式投資は世界経済の低迷で今はリスク
が高い、不動産投資は人口が減少していて先が見えない、などなど、
様々な理由を持ち出しては「投資を否定」する方がいますが。

一度も投資をしたことがない、一度失敗して撤退した程度しか経験
の無い人が何を言っても、程度の大小はあれど投資で成功して利益
を上げている人はそれこそ星の数ほどいます。

 

ごく一部の例を挙げて全体を語る人、いわゆる「レッテル張り」を
する物言いを僕は好みません。

レッテル張りをする人は、大概において自分自身は経験を持たない
ことが大半です。数多くの経験を持つならば、一部で全体を語る事
などはできません。

短期的な投機であっても、何度も繰り返していて全敗なんて、まず
あり得ない。FXも株も上か下かしかありえず、短期的な動きは完全
にランダム。100連敗など宝くじで1等を当てるより困難です。

数学的には0%とされるほどの確率ですね。

そんな「意味の無い意見」を参考にして、いつまでも1円たりとも
投資できずにうじうじしているだけなど、時間の無駄でしかない。

時間は有限です。時間が経過してもチャンスはいくらでもあります
ので機会損失をしている、との言い方はしませんが。

時間と共に肉体と精神が徐々に衰えていく、残された時間が減って
いくのは世の理。

 

外からの評価はいくらでもできます。リサーチの大切さについては
ここでも何度か記事にしています。

事前準備としてイメージトレーニングを繰り返していくのは、費用
も掛からず極めて効果的な、素晴らしい方法です。

けれども、それだけでは決して投資家として多くの投資経験を持つ
人には適いません。事前のリサーチが極めて重要なことを大前提と
して、尚且つ投資の経験を積んでいくのは必須。

 

頭でっかちになり過ぎて身動きが取れなくなるようでは投資の成功
は近づいてきてはくれないでしょう。

絶景だって写真で見るのと実際に見るのとでは大違いでしょう?

痛みを知ってこそ成長する

普段はこの場で勉強が重要だ、リサーチを大切にしろ、と偉そうな
内容を記事にしておりますが。

僕自身は実のところ、実戦経験の中から学ぶタイプです。不勉強が
過ぎて、反省しなければいけないと思ってそう書いているだけ。

実践経験豊富でも、基礎的な知識を身に着けないままでいては真に
実力があるとは言えません。

座学は極めて大切にしなければならない。

 

けれども、教科書を読んで知った気になっているのもまた滑稽です。

医療なんてまさにそうなんですが、本で知識はあっても実際の仕事
に携わると教科書通りにはなかなかいかない。推奨される治療法が
ベストとは限らない。

知識があってその場で正しい治療法であるとの核心があったとして
も、実際に自らの決断と行動で人の命、健康に責任を持つ、治療を
成し遂げるのは難儀なもの。

自らの経験に基いた自信を持てなければ、よどみの無い医療の提供
は困難です。怖くて、とても即断できません。その自信は、悩んで
悩んで、実践の場で少しずつ獲得するしかない。

 

投資でも。

色々と理屈は存在しています。株式でもFXでも不動産でも、投資の
基礎的な書籍や情報教材などはたくさんありますね。

皆さん、一冊くらいは読んだ経験があるかと思います。僕も不動産
に関連するものは数冊読みました。株式などもネットで基本用語や
考え方などは学んでいます。

 

ですが、実践となると当初は怖さが先に立ちます。お金を失うのは
痛みを伴う。痛みが来るかもしれないとの覚悟の上にしか、投資は
成り立たない。

慣れが必要です。痛みは慣れられるものです。

そして、痛みを知るからこそ、本気で考えます。どうやったら痛み
を回避できるのかを。

 

実践の場でしか得られないものは確実に存在します。高いレベルに
ある投資家で実戦経験が少ない人間、痛みを感じた試しの無い人間
は誰一人存在しないでしょう。

 

投資とは「百聞は一見に如かず」

ただ、不動産投資は、特にRCマンション1棟への投資となると失敗は
なかなか許容できるものではありません。

ちょっと小額からチャレンジ、とはいかないのが現実です。株式や
FXならそれでいいのですが……。

 

実際には多少失敗しても然程大きな損失を抱える羽目にはならない
のですが、サラリーマンにとっては安い金額ではありませんね。

ですので可能なら不動産投資へと挑戦する前に、もしくは同時進行
で株やFXで投資経験を積むのがいいのかな、と思わないでもなく。

実際僕もそうでしたし、最近はより敷居が低くなっていますから、
何かしらの学びを求めて挑戦をしてみてはどうかな、と。

 

恐らくすぐに短期的な投機の残念な点には気がつくでしょう。逆に
メリットも感じるかもしれません。

もしかしたら貴方には、不動産投資よりデイトレードの方がずっと
向いていると気がつけるかもしれませんし。

勝てれば資金の足しになり、負けてもたいした損失は出ませんし。
大損しても、それを転機に大きな気づきを得られる可能性もある。

 

座学は極めて重要です。実践経験も同じくらい重要です。

どちらも併せ持って初めて投資家である事を、しっかりと認識して
下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 少ない自己資金でも不動産投資はできる?
  2. 共働きとするほどのメリットがあるかどうか。
  3. 静かなときもあれば荒れるときもある。
  4. 現金が無くて困った経験、ありませんか?
  5. 大切なものは自分で守るしかない。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る