自分の信念を明確にすると借金は怖くなくなる

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

毎日毎日、様々なニュースが流れています。立場によって、何の
ニュースを重視すべきかは違ってきますが、概ね「興味深い」と
感じるニュースは自分にとって大事な事が多いでしょう。

国際政治など、よく考えると自分には全く関係がないような気も
してしまいますが、日本が世界的に影響力の強い立場の国である
以上、国際事情は結構生活に影響を与えます。

日々の食料品価格にだって、反映されてくるんです。

 

直接的な影響だけでなく、自分の信念を確立させるためにも今の
時代は国際ニュースに対してどう思うか、どう考えるかは重要で
あると思います。

アイデンティティの確立なんて子供の頃に済ませた、と仰る方も
多いと思いますが、人間は進歩のある動物です。

アイデンティティをより明確にする事で、人生の充足感は大きく
満足のいくものとなっていきます。そのためにはあらゆる事象に
対して自分の意見を持つことが近道。

ニュース番組を見たり、新聞やネットで読んだりするのは、実に
良い機会であると思います。全く興味のないジャンルはともかく、
知って面白いと思うニュースを見るのは無駄にはなりません。

 

とはいっても、そうした事は余裕のある時期しかできないもの。

僕も、勤務医として仕事をしつつ実家診療所を無給で手伝いつつ、
修繕計画を進めつつの最近はニュースを読む時間にも苦労します。

そんな時に新しい報道が入ってきても、あまり深くも考えられず、
そこまで強い興味も持てず。普段であったら気になる事は検索し
より関連した知識や情報を集めたりするのですが。

流石に最近は余裕が無くて、文章を読んでも目が滑ります。

 

趣味は気分転換になりますから、忙しくても休みの日など空いた
時間を利用して楽しむ方は多いと思いますけれども。

ニュースを見たり読んだりして思考を展開する、というのは肉体、
精神共に余裕のある時にしかできないものです。

もし、最近のニュースに疎いと感じる事が増えてきたなら、一度
生活環境を見直した方が良いかもしれません。余裕のなさすぎる
状況は、積み重ねにより大きな痛みの原因となります。

宝くじに当たった人がちやほやされるのは変な話と思いませんか。

借金に対する考え方

借金は、多くの人に対し精神面へ強いマイナスの影響を与えます。

1億円の借金を人生のうちにする人が、今の日本にどの程度の割合
でいるでしょうか。

恐らく年収1000万円に到達する人数割合より遥かに少ないだろう
と思います。そもそも1億円も借してもらえない人が大半でしょう。

 

不動産投資では、そんな高額の借金をするケースがあります。

プラス方面でもマイナス方面でも、見慣れない数字のお金が自分
のものになると、精神は激しく動揺します。宝くじが当たった人
が時に悲惨な末路を辿る話が出てくるほどに強いストレスです。

借金も同様。大きな借金を抱えた事で、それが計画的に返済可能
であるにも関わらず強いストレスを覚え、精神を病んでしまう、
不安から非合理的な行動に出るなど、珍しくありません。

 

大半の方は、時間の経過とともに段々落ち着いてきて、現実的な
ものの考え方ができるように正常化していきます。不動産投資家
の多くは、その後借金を上手にやりくりできるようになる。

結局のところは慣れなんです。僕もかれこれ借金をして久しく、
親の借金もついでに抱え、また更なる借金をする計画も進行して
いまして、すっかり抵抗が無くなってしまいました。

お金を借り入れる事に何の不安も感じません。むしろ、どこまで
借りられるのだろうかという事の方が不安に思います。

 

借金も資産のうち、という感覚を身につけましょう。当然ですが、
そのためには借金から利益を生み出す仕組みを構築できる能力が
必要です。

借金して不動産投資をするなど愚の骨頂、なんて発言もネット上
では見受けますが、極めて偏った意見です。不動産投資を事業と
考えればどうでしょうか。

借金せずにできる事業など大半がたかが知れた利益しか生み出し
ません。借金に対する不安は、自身の能力の向上で払拭していく
のが常套手段と思われます。

 

大事なのは信念と意思

お金に対する意識というのは、正直言って国民全体が変えていく
必要のあるものでしょう。日本人は金融リテラシーがあまりにも
不足し過ぎです。

例えば宝くじが当たった人は羨望の眼差しで見られますけれども、
良いアイデアで起業して一山当てた人は懐疑的に思われます。

酷いと詐欺師呼ばわりです。

 

宝くじが偶然当たった人と事業で成功した人、本来ならどちらが
称賛されるべきでしょうか。

そもそも宝くじに作為的な操作が入っていないとの証拠もない。
にもかかわらず一方通行的に信用している人が多すぎます。

 

また、お金を稼ぐのが悪い事だと、お金を稼ぐ人は悪事を働いて
いるのだと思っている人が多すぎます。頑張って稼いでいる人に
追いつこうでなく、引きずり降ろそう、と考える人も多すぎる。

法的、倫理的に問題がなければ、お金を稼ぐというのはそれだけ
で社会貢献です。それだけ経済が回っているのですから。

借金だって、借金をして返済していくのは「良い事」なんです。
経済に大きな貢献をしています。

 

誇りを持って、借金をしましょう。

キャッシュフローさえ回っていれば、今の時代借金を恐れる必要
などどこにもありません。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 美しく作るには高い技術が必要ですが。
  2. 貧困とは生存権すら確保できないのが最大の問題
  3. 似たような製品から選ぶとすれば。
  4. レバレッジを上げ過ぎると少しの変動が命取りになります。
  5. 何から手をつけていいかはまとまっていますか?
  6. 本格的なものは見ていると疲れてしまいますので……。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る