投資家としてのステージを高め、より高い経営力をつける

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

自分を高める為には何をすればよいのだろうか、と色々考えてみたのですが、
結論としては「新しいことを始めよう」と決心しました。

 

何のことかといいますと。ここのところとても心穏やかな生活のできる環境
になったにも関わらず、非常に焦燥感に駆られていて。

同じような気持ちになったのは初めてではなく、子供の頃から時々は感じた
経験のある居心地の悪さでして、結局のところ「すべき事を見失っている」
ために焦りを感じているのだと気がつきました。

やる事がなく退屈を感じている時の、何かやらないといけない気がするのに
何をすべきか、どうやって時間を潰したらいいのか分からない、そんな時に
感じるソワソワ、です。

こんな言い方で分かりますでしょうか。

 

今まで常に現状の改善をしようと向上心を持って挑戦し続けてきたために、
努力の末にいい形で決着がついたのは良かったものの、次に進むべき方向
見失っているのだと思います。

今回の場合、具体的には「借り換え」が終了し、一息ついてしまったが為に
次の目的地が見えなくなってしまったのでしょう。

最終目標は見失っていませんが、そこはまだ遥か遠く。一足飛びに辿り着く
場所ではありません。

終点に着くまでには、多くの目的地を経由していかなければならない。

 

今までは経由地がはっきりとしていたので、そこに向かって邁進するだけで
よかったのですが、いざ経由地に辿り着いてみると終点はまだ遠く。

次に何をすればいいのだろうか、どこへ向かうといいのだろうか、目的地が
はっきりしない環境へ突如切り替わってしまったので、どうすればいいのか
分からなくなってしまっているのだろう、と。

これまでも何度も経験してきている事のはずが、毎度毎度何がなんだかよく
分からなくなって混乱してしまいますね、これ。

 

こういう悩みは時間で解決するものですが、何となく大きな節目ではないか
との直感があり。

受身に回らず、積極的な解決を狙ってみようと思い、新しいことを始めよう
と決心するに至りました。

果たして吉と出るか、凶と出るかは分かりません。

向かうべき方向に迷った時、どうするべきでしょうか。

自分磨きのために新たな挑戦へ

ここ最近の僕の行動原理は、自らを研ぎ澄ますことにあります。

自分自身のステージを上げれば、それまでは見えていなかったものが見え、
真理に近づき、成功などはそれについてくる。

 

例えばお金に関していえば。

自分がお金を得るにふさわしい存在となれば自然とお金に困ったりはしなく
なるだろうし、自分に見合わないお金を手にしたところで悪銭身につかず、
継続的な利益は得られないだろう、そう考えているからです。

最終目標はお金を得ることではありませんが、お金がなければ実現不可能な
事は少なくありませんので、現在は安定した収入と十分な資金を得るべく、
自らを磨いている真っ最中、です。

 

僕は目標を達成する為に、まだ少々お金を稼がなければありませんが、最近
思うにこれ以上の収入を得るにはあまりにも自分のレベルが低すぎるのでは
ないかと。

今までと同じ方式で収入を増やそうとするのは可能ですが、分不相応な収入
を得ているようでは先は見えています。

そのうちに慢心し、痛い目に遭う羽目となるに違いありません。

 

僕の信念からすれば、より多くのお金を得たいと思うのならば、お金を稼ぐ
ために頑張るよりも自身のステージを向上させるべきです。

次の目的地はまだはっきりとしてはおらずとも勉強はできます。どのような
勉強であっても、役に立たない事はありません。

ということで、久しぶりに集中して学習をするフェーズに入るべく、行動を
しようと考えた次第です。

 

投資の王道で揉まれてきます

では何を勉強しようか、ですが。

投資の世界へは、一番最初から考えると結構長く入り込んでいます。もう、
10年近くにはなるでしょうか。

しかし、それでもまだまだ「食わず嫌い」をしていたり、「機会が無くて」
触った経験のない投資がたくさんあります。

要するに、投資の世界におけるの経験が僕にはまだまだ不足している。

 

僕は実践の中でしか真の学習ができないと信じています。座学では学べない
ことは数多い、と。

最近は金融商品に全く触っていませんので、昨今の経済事情を追ってはいる
ものの、本当に最新の情報を追えているのか、僕が知っている時代とは変質
していないか、実のところ自信を持てなくなってきていました。

 

ですので今一度、金融の世界へと踏み込んでみようと思います。このところ
「少額でもいいので株などの取引をして勉強しましょう」と繰り返して記事
を書いている関係上、自身がやらないのも矛盾していますし。

予算としては、500万円程度を見込んでいます。僕にとっても決して少額では
ありません。

少額ではありませんが、本気度を示すためにそう設定しました。もっとも、
それを証明する手段はありませんので信じる信じないはご自由です。

本当はもう少し増やしたいのですが、現時点の金融資産では現実的にはこの
程度が限度でしたので……。

 

儲けは考えず、勉強に集中するために長期投資のみを考えようと思います。
ここ3年間でどれ程僕が成長したかが試されますので、少し緊張します。

一歩が踏み込めないで躊躇されているあなた。

これを機に、僕と一緒に歩みませんか?

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 老後に頼りになるものではありますが、僕は貰えないものと想定しています。
  2. モノでも新しいものを受け入れられない人はもったいないと思いますよね?
  3. 美しく作るには高い技術が必要ですが。
  4. 頂上に憧れますか? 僕は行きたいとすら思いません。
  5. 借金はした理由が重要です。
  6. お金を使うばかりが能ではありません。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る