収益不動産購入で唯一絶対に外してはいけない作業とは

この記事は2分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

ようやく、物件検索です。

 

 

 

といっても、実は収益不動産を検索するわけではありません。

 

実際の地域の賃貸状況を検索します。

 

 

 

これはとても重要なことなので、必ずやってください。

 

これをしないと、見かけの表面利回りに騙される可能性があります。

 

 

同じ地域で同じような部屋の賃料・管理料はいくらか。

 

仲介業者や売主側が提案している賃料は適正か。

 

この地域での敷金などの条件はどうか。

 

設備はどの程度揃えなければいけないのか。

 

 

 

まずはインターネットを利用して、収益不動産を購入しようと

考えている地域で賃貸物件を検索していきます。

 

間取りをある程度絞って、地区年数、広さ、立地などの条件で

リストアップしていくといいと思います。

 

地図を印刷して、書き込んでいくのも有効です。

 

 

この作業をすることで、その地域の相場観が養われますから、

実際に収益不動産を検索する際、この立地でこの条件であれば、

最低いくらくらいで貸せる、と分かるようになります。

 

すると、検討している収益不動産が妥当な価格なのか、

いくらまで出していいのかが逆算できるようになる、ということです。

 

 

適正な賃料を知らないまま不動産を買うということは、

値札のついていない寿司屋に行くようなものです。

 

収益還元法だろうと何だろうと、賃料が不明確では

収益評価は計算不能です。

 

 

 

不動産投資は買う時にほぼ勝敗が決まります。

この作業を怠ったり、うっかり妥協してしまったりすると、

必ず後悔する羽目になりますので、絶対にやってください。

 

 

この作業が面倒で出来ないと思う場合、不動産投資に

向いていませんので、不動産投資自体やめた方がいいです。

諦めて別の投資にするか、サラリーマン生活を続けましょう。

 

 

それくらい、重要な作業です。正直、今までのことを何も知らなくても

これさえできれば、あとは人任せでも大丈夫なくらいです。

 

もちろんその場合、出口戦略に困ったりするかもしれませんが。

 

 

 

実際には、SUUMO、HOME’S、Yahoo!不動産などのサイトから検索します。

 

また、大手の賃貸業者から資料請求しまくるのもいいです。

広告を出しているということは、その条件なら借り手はいると

プロが考えているということですから、大きな参考になります。

 

 

 

ちょっと面倒な作業ですが、

しつこく言いますが本当にこれだけはやってください。

 

 

あとから戦略ミスだったでは許されません。

思ったほどの利回りが出ず、融資返済で首が回らなくなっても、

誰も助けてはくれませんからね。

 

 

 

ここさえクリアできれば、あとは実際に購入を目指す段階です。

憧れの不動産投資家まであと一歩ですから、頑張りましょう!

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 分からないことはすぐに人に聞いてしまいましょう。
  2. 都市部の便利さを知ってしまうと地方に帰り難いのは理解できます。
  3. 野菜を作るのも効率を取るかリスクを減らすか、難しい悩みがあるのでしょう。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る