不動産投資では経費が重要 その1

この記事は2分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資は事業です。

 

故に、経費を計上できるというのも、他の投資と

異なるところであり、強みです。

 

 

会社の経費は使ったことがある方が多いと思います。

この経費、どのような意味があるのでしょうか。

 

 

経費の重要性、それは税金の負担軽減にあります。

 

 

お金を稼げば稼ぐほど、所得税率は上昇して行きます。

課税所得が1800万円を超えると、住民税と合わせて50%、

半分も税金として持っていかれてしまうのです。

 

不動産投資での所得は事業所得となり、給与所得と合算する総合課税です。

ちなみに株式やくりっく365による投資の税率は、申告分離課税

一律20%(株は現在サービス中で10%)です。

 

一見、税金では、こちらの方が優遇されていますね。

 

くりっく365以外のFXは、不動産投資と同じ総合課税です。

 

 

やっぱり不動産投資は儲からないじゃないか、とお思いでしょうか。

 

 

では先に、申告分離課税である株やくりっく365の欠点について。

 

最大の問題は、損失を出しても他の所得と合算することはできない、

ということです。利益を上げれば支払う税金が増えますが、

損失を出しても給与所得から支払っている税金は返ってきません。

 

もう一つの問題は、取引ごとに結構な手数料がかかる、

ということです。これは、利益が出ようが損失が出ようが、

トントンで逃げようが発生します。

しかも、買う際と売る際と往復で取られるので、

取引が細かくなればなるほど、負担が増えて行きます。

 

 

買っても負けても掛かるこの二つの負担が、株やくりっく365に

おける地味なリスクとなっています。

一度の取引でそれなりに大きく取らないと割りに合わず、

確率だけみれば経費とスプレッドの分、負ける率の方が高いです。

 

 

当たれば大きい、というのと、宝くじよりは可能性が高い、

というのは確かですが、やはり射幸心を煽りすぎて、

ギャンブル要素が強いのが難点です。

 

いつも気になってしまい、健康を害したり、実生活に影響が

出てしまったりするのもリスクです。

 

私もくりっく365を一時期利用していましたが、明らかに

健康面で害が出そうだったので辞めました。

私には合いませんでした。

 

 

その点、不動産投資はやりようによって、放置できる期間が

とても長く、じっくり考えていられるので、非常に環境がいいです。

今はとても清々しい気分で、投資に臨めています。

 

株などの話ばかりになってしまいました。長くなりそうなので、

次回に続きます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 税理士に任せるとしても税については必ず知識を蓄えましょう。
  2. 不動産投資は家族で支えあいながらやるものです。
  3. 2015年の確定申告はどうなるでしょうか。
  4. 医療もお金が無くなってお手上げになる日が近いかもしれません。
  5. こんな大きな建物はいったいいくらの税金を支払っているのでしょうか。
  6. 納税は何回しても悲しいです。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る