不動産投資を始めると分かる住民税の負担の重さ

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

今日は税金の中でも非常に負担が大きい、
住民税について話題にしましょう。

サラリーマンにかかる税金というと、
所得税、住民税、消費税の3つが主なもの。

 

これら3つで税率が最も高い税金は、所得税です。
最低10%、最高40%ですよね。

収入が多い人間がたくさん税金を負担する、
富の再配分の効果が強い税金です。

 

対して住民税、これは国税ではなく地方税ですが、
自治体により僅かな差があるものの、基本的には10%。

所得税よりもずっと軽く、対して影響がないと
思ってしまいがちなのはサラリーマン的な考え方。

住民税は、大変に負担の思い税金です。

住民税の納税のこと、忘れてた…なんてことにならないように。

住民税の納め方

サラリーマンとしての給与からしか収入を得ていない場合、
多くの方は住民税を特別徴収制度で納めています。

特別徴収とは要するに給料からの天引きのこと。

1月1日時点で住民票のある自治体に、
6月から来年の5月まで12分割で納める形になっています。

 

住民税は所得税同様、所得から計算される税金です。
給与所得以外に課税対象の所得がある場合、
特別徴収ができません。

従って普通徴収、送付されてくる納税通知書通りに
期日を守って納税する必要があります。

 

ちなみに所得税とは控除される金額が異なるため、
確定申告した金額のぴったり10%、というわけではなく、
若干金額に差が出ます。

所得が大きくなると、概ね同じ金額ですけどね。

 

統計のマジックが感覚を狂わせる

世の中には統計のマジックという言葉があります。

数字の見せ方を変えると印象が大きく変わるという意味ですね。

 

例えば、缶コーヒー代。1日1本だけ飲むとすると120円。
対した金額ではないですよね。
120円くらい、家のどこかに落ちていてもあまり気にならない。

でも、毎日1ヶ月間飲んだら3,600円。
毎日1年間飲んだら43,800円。
10年間続けたら438,000円。

たかが缶コーヒーに10年で40万円!? 飲むの止めよう。
って思ってしまいますよね。

 

120円が軽いか重いか、どちらが真実かは人によりますが、
ローンを組んだり、分割払いをしたりすると、
負担を少なく感じるのは事実。

時にそれが目を曇らせ、大きな弊害を生むことがあります。

 

住民税は普通徴収として支払うことに慣れていないと、
ついうっかり存在を忘れてしまいます。

いままで特別徴収をされていただけだと、毎月天引きされても
そこまで数字をよく見てない方の方が多いんじゃないでしょうか。

 

でも、不動産投資を始めて、収入が増えて。
確定申告を一度終え、6月になって固定資産税納税通知が
いざ送られてくると、本当にびっくりすると思います。

住民税って、こんなに高かったのかと。

 

上手に節税できていて、課税所得を低く抑えられているなら
いいんですが、初期費用や不動産取得税による経費がない
2~3年次以降はそこまで経費を積み上げられない。

課税所得が1000万円になると、100万円の納税通知が
送られてくるんです。1/12だと8万円ちょっとなので
まだ実感が沸きにくいですが、まとまった額を見てしまうとびっくり。

本当に稼ぎが出ているのか疑問に思ってしまう。
重い負担を強いられていると感じてしまう。
それが、住民税です。

 

確定申告は住民税にも影響をする

経費を積み上げて節税しましょうというと、
所得税を節税しているような気分になります。

でも、それだけではなく住民税も節税になるんですね。
あまり実感は沸きませんが。

経費による節税の効果は、確定申告で数字として
見えるよりも遥かに効果が高い。

 

この住民税、本当にサラリーマンからいきなり事業者になると
抜けてしまうことが多いんですが、6月頃に納税通知書が
送られてきます。

確定申告で申告した金額の約10%程度の支出が、
6月にあるんです。

 

物件の所在地にもよりますが、固定資産税も同時期に
来ることがあり、6月頃は大きな支出がある時期だと
覚えておいた方が無難でしょう。

その他にも予定納税があったり、現金支出の機会は絶えません。

 

ちなみに、住民税は4期に分けて納めることができますから、
お金がないからと焦る必要はありません。

ただし、後回しにすると納税を忘れることもありますから、
ご注意を。

 

忘れがちな住民税のために余裕を持った経営を

住民税の場合、不動産取得税のような細かい注意点や
控除なんかないので、単純に6月に支払いがきますよと
それだけ覚えていればいい話なんですが。

住民税の負担の重さにあとからびっくりしないように、
また住民税の支払いに困るようなことがないように。

 

警告という意味で、住民税をテーマに記事を書きました。

いかに税金対策をしなければいけないかということも、
住民税まで意識をしたほうがより深く理解を
していただけるのではないかと思います。

 

確定申告時の還付金ばかりに注目せず、
住民税の節税効果にも着目して税金対策をしましょう。

住民税や固定資産税、予定納税など1年の半ばに
納税が要求される大きな税金が固まっていますので、
現金には余裕を持って経営をしていきましょう。

心もお金も、常に余裕を持って前へ進みたいものです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 横浜市の住民税は高いとの話題はよく見ますね。
  2. 税理士に任せるとしても税については必ず知識を蓄えましょう。
  3. 納税通知なんてヤギにでも食べてもらってなかったことにしたい。
  4. 法人所有はメリットばかりではありません。
  5. 法人設立は案外簡単。誰でも社長になれる時代です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る