政治・経済の変化についていくことは不動産投資家に必須のスキル

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

僕が政治経済に本格的に興味を持ち始めたのなんて、ほんの数年前です。

民主党政権以前はテレビの報道に洗脳された思考停止した人間の一人でした。

 

今でもはっきり覚えています。カップラーメンの値段を国会で質問されて
麻生総理大臣が400円くらいと答えた、としきりに報道をされていたのが。

麻生現金融担当相については年金未納問題の時の印象で当時はとても嫌って
いたんですね。年金未納問題もセンセーショナルな報道がされていました。

 

僕は某区役所のミスで年金手帳が送付されず、手元に年金手帳が届かなかった
ために年金支払猶予の手続きなどの存在に気がつかず、気づいた頃には4年が
経過していたため遡って修正できない未納歴がついた経験があります。

まあ、本来は成人したのだからそのくらい自分で気づいてやれと今では思うの
ですが、一人暮らしの大学生で年金制度について自発的に動ける人間がどれ程
いるかというもので、ご容赦ください。

そんなこんなで年金未納についても非常に心象が悪かったので、麻生さんには
悪い印象が強くあり、報道の煽りにやられてしまっていました。

 

よく考えると貴重な国会の場でカップラーメンの値段を答えさせたり、その他
くだらない質問で時間を浪費することの方が責められるべきです。

民主党政権のあまりの酷さに、モラトリアムな状況から抜け出せずにいた僕は
目を覚ますことができました。

危うく何も知らない30歳代となるところでした。本当にお恥ずかしい限り。

日本人がもっと政治に興味を持てば、いい世の中になると思うのですが。

ねじれが解消されてようやく日本は動き出した

正直言って以前はねじれ国会であったため、政策の決定が非常にゆっくりで
あったんですね。ちょっとしたことでも国会で承認されるまでに必ず参議院で
否決され、衆議院に差し戻されていました。

重要法案なんて議論がまともに進まない。「決まらない政治」という言葉が
ぴったりでした。

 

それが現在、2013年7月22日に参議院選挙で与党が勝利を収め、ねじれが解消
されて以来。政策の決定スピードが非常に速くなっています。

何本もの重要案件が同時進行的に議論され、一度まとまれば参議院で否決を
されることなく速やかに可決に向かう。

以前は与党と野党の間で「これをこうしないとこっちは認めない」などという
やり取りが100%発生していましたので、重要法案を2つ同時に進めることなんて
不可能だったんです。

 

日本にとっては非常にいいことだな、と思います。ねじれ国会の存在はまさに
「船頭多くして船山に登る」状態でしたから。

日本の行く末を全く読むことができない状態でした。

どのような方向であろうと、まずは目標がはっきりしないと国をいい方向に
進めることなんでできません。

 

僕も普段から、不動産投資をやるならばまず自分がどのような人生を目標と
すべきかを決定しましょうとお伝えしています。

目標を持たないまま不動産投資をスタートすることは、日本がねじれ国会の
ままであり続けることと同じこと。

ねじれ国会が続いた期間に日本の経済や外交がどうなってしまったかを考えると
どれほど危険なことかが想像できるのではないでしょうか。

 

前へ進むなら一貫した目標を持つべきである。政治に限らず不動産投資に限らず、
あらゆことに通じる絶対的な真理だと僕は信じています。

紆余曲折はあるかと思いますが、きっと日本は良い方向へと歩めます。

 

世の中の変化についていくのも一苦労

ただ、政策決定スピードが速すぎて情報収集や思案をする時間が足りません。

今現在、報道で最も注目されていることは集団的自衛権についての話題。
非常に重要な内容であり、徹底的に議論されている現状は喜ばしいこと。

ですが、あまり報道されない法案の中にも重要法案が山積みです。

 

例えば投資関連であれば、現在ベンチャー企業への投資を規制する法案
議論が進んでいます。

実のところはあまりにもベンチャー企業詐欺が多すぎるために被害を抑制
するべく検討が進んでいるものなのですが、真面目に企業をしようとして
いる人間にとっては迷惑極まりない規制。

不動産業界でも仲介業者、リフォーム業者、通信事業者、その他諸々の
分野でベンチャー企業はたくさんいます。不動産投資家としても関係ない
と言っていられないことだったりするんです。

 

この件はほとんど報道されないでしょう。僕も今回初めて知りました。
たまたま某大手ポータルサイトのニュースで目に付いただけ。

知るチャンスを一度失ったら議論をするタイミングを得ることすらできません。

政治の進むスピードが速くなった分、私たち投資家はそのスピードに遅れない
ように情報収集の効率化、思考能力の上昇をしていかなければいけない。

 

特に、僕のように政治経済に興味を持つのが出遅れた人間は、基礎知識を
溜め込んで地力をつけることも同時進行で行っていく必要があります。

結構な勉強時間を取らないといつまで経っても追いつけない。不動産投資で
食べていくのも気楽ではいられません。

 

既に上のステージにいる大勢は、この段階を皆乗り越えています。僕も時々
大企業の役員とお話をする機会がありますが、オーラが違います。

明らかにこの人は僕よりも上のステージにいると、一目で分かる。

そんな人々と対等にならなければいけないのだから、多少の苦労をするなんて
当然のこと。加えて、若くして成功するなどという目標を立て、年齢の壁すら
超えようとしているのですから。

 

どうでしょう。思い当たる方いませんか、とお尋ねするまでもなく、ほとんど
の方が思い当たるのではないでしょうか?

一緒に頑張りましょう。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 僕の予想よりだいぶ強いです。
  2. 人口集中の結果としか言いようがありません。
  3. 楽天銀行の口座凍結。その真相は?
  4. 非正規雇用にまつわる問題はどのような方向へ向かうのでしょうか。
  5. アメリカも色々と大変そうです。
  6. 適正価格にしたらマンションなんて全く売れなくなるでしょうね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る