不動産投資会社ランキングから信頼は生まれない【2】

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

引き続き、「信頼できる不動産会社や、信頼できる物件のラインナップなどの
見分け方や目安」について、です。

何で「不動産投資会社ランキングから信頼は生まれない」なんて
タイトルにしたか、ですが。

それに関してはインターネット上で起こっている競争について、
ネタばらしをするところから始めなくてはいけません。

前回続くと書きましたが、今回は若干ですがわき道に逸れます。

 

僕のこのブログへどうやって辿り着いたか、覚えていますか?

楽待さんや人気ブログランキング等からアクセスして下さった方なども多少は
いらっしゃると思いますが、多くの方は検索エンジンから何らかのキーワードで
表示され、興味を持って頂いたことと思います。

当ブログ、検索エンジンから意外と高評価を頂いておりまして、
多数のワードでそこそこ上位表示をしてもらっています。

 

何の話かというと、GoogleやYahoo!で検索すると検索結果が表示されますよね。
その表示順のことです。

主にGoogleの仕事ですが、星の数ほどあるウェブページを極めて複雑な
アルゴリズムを用いて順位付け、ランク付けしているんですね。

検索結果で上位表示されればされるほど、アクセス数は増えます。

 

僕も苦労しました。ブログを読んで頂くにはただ良い記事を書けばいいだけでなく、
検索エンジンから良い評価を受けなければいけないのですから。

不動産投資に関する内容なんて、ものすごくライバルが多い。個人ブログなども
数多くありますが、プロの不動産売買業者や宣伝業者などもライバルです。

僕は独自の手法を用いて、その競合たちを出し抜いて検索エンジンで当ブログを
上位表示してもらうことに成功し、現在に至ります。

 

なんでこんな不動産投資と関係のなさそうな話をしたかですが、
もちろん大切な理由があります。

ただの広告なのかそれとも真実なのか、見抜く目が必要です。

ネット上の広告の真実

検索エンジンで上位表示をして貰えれば、大きなビジネスチャンスとなります。
よく検索されるキーワードで上位表示ができればそれだけ顧客が自社サイトに
アクセスをして貰えますから。

検索エンジンにおけるランキングを上げますよとのサービスを提供する
企業もあります。広告のようなものですからね。お金を払ってでもランクを
上げて貰いたいと考えるほど重要なことなんです。

まともな会社なら検索エンジンには広告も出せますが、それだけでは不十分。
ネット広告には不信感を覚える人もまだまだ大勢いますから。

 

検索で上位表示されているだけで目につきやすくなりますし、信用度も上昇。
検索順位1位のクリック率は17%程度と言われており、通常の広告クリック率が
0.5~1%であることを考慮すると20倍程度の広告効果がある、と。

それは血眼になってランクを上げたい、と思いますよね。

 

検索エンジンで上位表示をさせるテクニック全般をSEO(検索エンジン最適化)
と言います。

僕はSEOにはあまり頼らずにランクを上げることに成功しましたが、
結構な苦労を伴います。企業としては、できるだけ手間を掛けずに
上位表示をさせたい。

そこで、SEOを請け負う会社に依頼したり、広告を委託したりすることにより
目的を達成している、と。

感覚としてはテレビや新聞に広告を出すのと同じです。自分たちではできない
ことは外注に任せるのが一番。おまかせ不動産投資の概念と同じこと。

 

ちなみにネット上の広告はいくつか種類があります。中でも注目して欲しいのは、
アフィリエイトと呼ばれる成果報酬型の広告。

掲載されている広告を通じて成果が得られたらその分だけ成果報酬を支払う、
というシステムの広告。成約が得られなかったら広告費は掛かりませんので、
広告主にとっては非常に都合の良いシステムです。

 

広告のためだけの情報サイトに注意

キーワードが出揃ってきました。ランキング、SEO、広告委託、アフィリエイト。

試しに「不動産投資会社 ランキング」で検索をしてみて下さい。
1ページ目にはそのまんまなタイトルのページがびっしりです。

特に最上位の方。あまり中身がないようなサイトだと思いませんか?

 

これは、完全なる「広告をするためだけのサイト」です。

 

貼り付けられている外部リンクは全てアフィリエイトのためのリンク。
ここからあなたがアクセスして登録したり、問い合わせたり、売買が成約すると
サイト主にお金が入ります。

サイト主は恐らく個人でしょう。

さて、どう思いますか?

 

別にアフィリエイトをすることを批判はしませんし、むしろ上手にビジネスを
やっていると思います。

思いますが、この「不動産投資会社 ランキング」で上位表示されている結果を
よくよく考えると、すごく世の中のためにならないな、と。

これらの「不動産投資会社ランキング」は「広告主ランキング」です。

どこかで言いましたが、本当に信頼できる不動産会社のほとんどは広告行為を
必要としていません。つまり、この不動産投資会社ランキングは僕からすれば
全く意味のないもの。

 

よく考えてみて下さい。不動産投資会社をランキング付けできるほどの経験を
持つ人が、こんなせこいことをしていると思いますか?

むしろサイト主は不動産投資をやったことすらない方が多いのではないでしょうか。
ただ成果報酬が高いからとやっているだけでしょう。

最終更新日も随分前だったりしませんか? 作るだけ作って上位表示させ、
あとは放置してお小遣いゲット、との考え。

真剣に不動産投資で人生を変えよう、未来を掴もうと考えている方にとっては
邪魔でしかありません。

 

不動産投資会社ランキングなんてタイトルをつけた理由

アフィリエイト自体を否定はしません。いえ、推奨したいほど。僕もやっていますし。

が、無意味な不動産投資会社ランキングを放置するのはよろしくないな、と。
SEOに頼らず上位ランクを勝ち取った僕にとって、SEOだけで上位表示を維持している
サイトは邪魔な存在です。

Googleも内容の薄いアフィリエイトサイトに関してはペナルティを科す方向で
進化をし続けていますが、完全に対応するのは困難でしょう。

「不動産投資会社 ランキング」の検索結果の1ページ目にいるサイトが
自然と優良サイトに入れ替えることは難しいと思われます。

 

だったらなんとか僕のブログを利用して上位表示を奪いとることができないかな?
というのが当シリーズの記事のタイトルが「不動産投資会社ランキング」なんて
ワードを無理につけた理由。

僕の目論見がうまくいくかどうかは分かりませんが、不動産投資の健全化のために
何とか頑張っていきたいですね。

あなたが僕の記事をじっくりと時間を掛けて読んで下さることも、当ブログを
上位表示させる一助となります(サイトの滞在時間も評価の一因です)。

お時間がある時で構いませんので、ゆっくりと記事を楽しんで頂ければ幸いです。

 

今回は若干余談でしたが、それでも応用できる内容なはずです。
つまり、ネット上で不動産投資ランキングに掲載されている企業は……ですね。

次回へ続きます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. こんな風景が一般的になってしまうかもしれません。
  2. 石油価格は日本の国民生活に直接的な影響を与えます。
  3. 投資先なんていくらでも選択肢があるはずなのに、難しいものです。
  4. リスク資産ばかり抱えると、ある日とんでもないことに?
  5. 圧倒的不利をひっくり返せるのは漫画の主人公だけ
  6. 食欲に負けて食べてから後悔することありませんか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る