福井県の大雪から、雪の降る地方への投資を再考する。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

福井県の大雪被害はすさまじいものがありました。

自動車の立ち往生が丸一日経過しても解消されなかったというのは
恐ろしい話。

寒い中、車中に閉じ込められっぱなしでは精神的にも厳しいですし、
肉体的には場合によって致死的になりかねません。

血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群、を起こされた方は
いなかったのでしょうか。

 

自衛隊も頑張ってくれているようですが、振り続ける雪に対しては
何と人間は無力なのだろうと哀愁を感じます。

降りやむか、せめてもう少し降雪の勢いが落ちるかしないと解消は
難しいのかもしれません。これが掲載される頃には流石に立ち往生
は解消していると思うのですけれども。

今は、病人や怪我人などが一人でも少なく終わることを祈るばかり
です。

 

しかし、どうも車の立ち往生の話ばかりが報道されていますけれど、
大雪被害に遭っているのは道路だけではないはずで。

物資の問題、建物被害、街中に降り積もった雪の処理などまだまだ
報道されていない被害が山のようにあるでしょう。

この寒さでは自然に溶けるのも期待できません。元通りの生活には
今しばらく時間と労力が必要であるように思います。

雪景色が美しいのは認めます。見るだけなら。

雪の降る地方への投資

こうした雪害が怖くて、僕はあまり雪の多い地方へと収益不動産を
購入したいとは思えないんです。

元々、僕が雪がほとんど降らない地方出身であるのもあって、雪に
対するイメージが宜しくない。雪の地方にも2年以上住んだ経験は
ありますが、ただただ大変でした。

住んでいるのがマンションでしたので雪かきはしなくて済みました
けれども、雪かきで転倒して骨折をされた方は山ほど見てきました
し、自動車のスリップも何度も経験しています。

 

そして、こうした大寒波、大雪が来る可能性が冬になるたびにある
のが、雪の多い地方への物件所有する気持ちを萎えさせます。

雪被害に遭いやすい地方だからと利回りが特別高かったりはしない
うえ、雪の対策費用、防寒設備、暖房器具などで余計な経費が発生
しますから、ネット利回りは雪の少ない地域より下がりやすい。

単純に比べられるものではありませんが、個人的には雪の多い地方
への不動産所有はベネフィットが薄いように感じます。

 

そういった地域は過疎化も進みやすい傾向にあり、賃貸住宅の需要
も今後維持できるのかという問題もあります。

雪が多く降る地方で大きな都市、人口流入をしている地域というと、
僕には札幌くらいしか思いつきません。後は北陸新幹線効果による
石川県金沢市でしょうか。それも最近は知りません。

長期投資を前提においていますので、賃貸需要が将来的に落ち込む
可能性が高いところにはなかなか投資をしようという気にはなれず。

 

重要施設があるなどの理由で地域によってはニーズがあるのは確か
だろうと思うのですけれども、僕としてはそこまで踏み込みリスク
を背負うまでの魅力は感じません。

雪の多い地域に住まわれている方には大変申し訳ありませんが。

ただまあ、僕の周囲には雪国出身の人間でも、地元に戻りたいかと
聞くと「あんまり……」とか「寒いしいいかな」とかいった反応を
する人がほとんどで。

そして、雪のない地方の人間が雪国へと好きで転居しようとはそう
ならないところを踏まえると、今後雪国はやはり過疎化が進んで、
賃貸需要は落ち込む一方ではなかろうかと感じてしまいます。

 

早いところ、安価に雪対策ができるような時代になってくれればと
願うばかりですね。

 

雪害は毎年やってくる

自然災害というと、雪以外には地震や台風といったものが日本国内
では存在します。

これらは、どこの地域であろうと避けたいものがあって。台風は
一部地域において猛烈な強い台風に遭いやすかったりしますけれど、
RCマンションにとってはさほど問題にはなりません。

 

大地震からはどこに住んでいようと絶対に逃れられません。

僕はずっと昔から東海大地震が来ると言われ続けた静岡県で生まれ
育ち、今も戻ってきましたが、未だに東海地震は来ていません。

が、予測されていなかった阪神大震災、そして僕自身が直接被災を
した東日本大震災、その他大地震と言われる地震は、これまで何度
も僕が生まれてから起きてきました。

 

そう考えると、地域で独特かつ毎年のように頻繁に起こる、不動産
投資において最も意識をしなければいけない災害は、雪害なのでは
無かろうかと思います。

雪害だけは、概ね地域が決まっています。日本海側に多く起こり、
太平洋側では起こりにくいし、大したことはない。

雪に対する準備をしていませんので、少し積もっただけでも大騒ぎ
にはなりますけれども、死者が出たりなんかは滅多にしません。

建物被害なんて無いに等しいでしょう。

 

保険に入っていれば安心、とは実際はいかないのが不動産投資です。
遠方の物件など、すぐに自分で見に行く事すらできなかったりして、
対処は後手にまわりがち。

私たちは普段、他の仕事をしていて災害に対してできる対応に限り
があります。

であれば、最初から対処しにくいリスクは避けておくに越したこと
はないのではないでしょうか。

 

そこを敢えて踏み込むのも一つの戦略ですので、両方のメリットと
デメリットを十分比較し、投資先を検討して下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お金の掛かる趣味の時間を勉強で過ごし、経費で落とせるならお得だと思いませんか?
  2. 話が上手な人って、いますよね。
  3. 実は獲物を待ち構えていたかのかもしれません。
  4. 東京への投資に憧れは感じますが、それは現実的でしょうか?
  5. 地方住まいもいいものですよ。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る