リーダーは相手の理解力不足より己の説明力不足を恥じるべし

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

世の中が政治不信になる理由は、結局のところ一方の意見のみを
聞き入れてそれを実現しようとごり押しするところです。

これは与党だけでなく野党も同じ。やっているのは、異なる意見
は無視して自分たちの理想を実現しようとの姿勢が透けて見える
ために、政治が嫌われます。

要するに、国を引っ張るリーダーとしての魅力を政治家に感じる
事ができない。

中には、そんな有権者を「理解できない方が悪い」と批判をする
議員もいるようですが、こと政治に関しては理解をさせられない
方が悪いに決まっています。

 

多くの議員は「何故こうあるべきか」を国民が理解できるように
説明ができません。もしかしたら自分たちが何をやっているかも
理解していない議員もいるやもしれない。

医師は散々「説明不足だ」「専門用語を使うな」と叩かれ続け、
できる限り対応をするように努力してきました。相変わらず説明
が下手な医師はいますが、以前よりもずっと改善されたでしょう。

僕自身も、可能な限り理解が得られるよう丁寧で平易な説明をと
心掛けています。

しかし世の中を見渡してみると、医師よりもよっぽど説明不足な
業界は数多くあります。その代表例が、政治です。何で医師だけ
が責められていたのか。

 

説明を求めるようになったのは、インテリジェンスが向上をした
からに他なりません。分からないままで終わらず、理解をしよう
と日本国民がし始めた。

そんな環境の変化に気が付かず、依然として人を馬鹿にした態度
を取り続ける人間に「ノー」を突き付けているのが現在。

リーダーはリーダーなのですから更に向上心を高めて、リーダー
足り得るところを見せられなければその地位から没落するだろう
事は間違いない。

 

有権者を馬鹿にしている政治家は早くそれに気が付くか、時代に
翻弄されて負け犬へと転落をするかのどちらかしか道がない事実
に早く気が付いて欲しいものです。

もっとも僕は、政治家は人として優秀だから政治家になったとは
全く考えていませんので、未だそのような態度の人間には無理な
話か、と思っていますけれども。

優秀で素晴らしい政治家も多くいらっしゃいますし、大変な仕事
と理解していますから、日本の政治家全体を批判するつもりなど
ない旨は誤解なきようお願いします。

集団の中にどうしようもない人間が一定割合混じってしまうのは
致し方ない話です。

 

『説明力』を鍛えるべき

投資や保険といった金融関連も、極めて説明不足な点が多い、と
思いますけれども、あまり言われませんね。

金融関連の契約をする際には、わざと読む気を無くさせていると
しか思えないような、小さな文字でびっしりと書き込まれた書類
が定番ですが、あれを渡して良しとしていいのでしょうか。

正直、詐欺の温床でしかないような気がするのですが。あれだけ
大量に小さく書かれていたら、とんでもない内容になっていても
分からないでしょう。

 

不動産取引はその辺りがとても厳格で、重要事項説明などは最近
もより一層厳しくなりました。それでも難しい言葉だらけ、難解
な法律だらけで素人には理解しにくい。

一度言われても忘れてしまいますし、その場だけで理解をしろと
いう方が無理。

投資用不動産業者が善良なところばかりではない、とはほとんど
の人が思っている話と思います。実際、暴力団のフロント企業で
あったりするケースは珍しくありません。

「かぼちゃの馬車」の運営会社であるスマートデイズが、良心に
基づいた経営をしていたと考えている人はどこにもいないのでは
ないでしょうか。

 

事業主とは、リーダーです。投資商品を扱う取引先企業も、事業
を始めたいと思う自分もリーダーです。

リーダーとして十分な力を発揮できないようであれば、前述した
政治家と同じように信任されず、うまくいきません。

リーダーであるために最も重要なのは、どちらを向いているかを
明確に説明できること。自分自身の大方針が人に説明できる程度
にはっきりと定まっていることが最重要です。

 

善良でリーダーシップのある投資用不動産業者と運良く出会えた
としても、自分がリーダーとして不適格な状態ではうまくない。

将来的に見ているビジョン、どのような方向性の投資をしようと
考えているか、芯となる目標。それらを面談の中ではっきり示す
事ができてはじめて自分に適した案件を紹介してもらえます。

顧客の気持ちを読み取って、最高の料理を提供してくれるような
超能力の持ち主が目の前にいるなどと思ってはいけません。

自分がどのような人間であるかは、自分で説明するしかない。

 

そうすると、人に恥じることのない自分自身を持てるはずです。
公の場で言えないような事を考えているようでは、真に腹を割り
自分を見せられませんよね。

リーダーとなるとは、そういう事です。自分が正義と思い込める
ように自分を作るのがスタート。己を知るのが第一歩。

価値観は人それぞれですから、その良し悪しは関係ありません。

 

リーダーとなって自分自身を引っ張り、勝手に後ろを誰かが歩き
ついてくる状況。それこそが事業主としてあるべき姿で。

それには『説明力』が極めて重要。己をいかに表現するかを常に
考え、発信力を高めていけば、自然とリーダーとして誰にも認め
られる自分になっているはずです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 喫煙の自由とともに、喫煙をしない自由も守られて然るべき。
  2. お金の悩みから開放されれば、自分の信念を貫き通すことは難しくありません。
  3. 今時パソコン一台あれば副業は始められます。
  4. 4月からまた新たな若者が独り立ちします。
  5. 誰が書いた本であるかは極めて重要です。
  6. 立派な建物に見えますが、そのうちいくつに問題があるのでしょうか。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る