収益不動産を購入するだけで一人ではこんなに大変。

この記事は4分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

いつもお金の話ばかりだと読み手にも書き手にも
食傷気味になってしまうので。

今日は違った方向性から不動産投資について実態をお話しします。

 

特に平日は忙しくて休みが取れないような
サラリーマンの方に読んでいただきたい内容です。

テーマは、一人でやることの限界について。

一人ではこんなところにも来たりはしませんよね。

日本のサラリーマンは本当に忙しい

僕は普段は医師(勤務医)として働いており、
平日は週2日ほど家に帰れない日があるということは
どこかで書いたと思います。

整形外科は僕一人しかいないので、事前の根回しなしには
平日に休みを取ることはできません。

 

2012年度は、10日の有給のうち半休を2回取っただけ、
うち一度は家族の急病のために仕方なく応じてくれたもの。

僕しかいないということは、訪れる方は僕目当てで来るわけで。

 

大学にお願いして代診を用意すれば休むことは
不可能ではないけれども、僕目当ての患者さんが
いる以上はあんまりそれもやりたくない。

せめて2週間以上前から、できれば1ヶ月前から
代診の告知をしてから休みたいですね。

加えて病棟の管理もあるので、いきなり明日休みますとか、
来週休みますとかは、半日であってもなかなか
言い出せない状況です。

 

別に僕の忙しい自慢をしたいのではないですよ。(笑)
今の僕なんて、ずいぶん楽になった方です。

救急に力をいれている病院なんてもっと忙しいし、
若手は当直だらけでろくに家へ帰れなかったり。

医師ではなくても、休みも取れずにずっと仕事、
なんて人は数多くいることお思います。

サラリーマンに限らず、自営業でも。

 

ただ、忙しい忙しいといって生活を変えようとする
努力をしなければ、いつまで経っても現状から抜け出せない。

ただ歳を取るばかり。

残された寿命が少なくなれば、
自分に残された可能性も小さくなってしまう。

 

だからこそ不動産投資をやりましょう、事業を始めましょう、
というがこのブログ、僕の主張の趣旨なんですが。

そんな忙殺されるサラリーマンが一人で不動産投資を
始めようと思うと、壁が立ちはだかります。

急に時間が取れないという壁が。

 

実は忙しい不動産購入

不動産投資を始めるには、当然ですが
収益不動産を購入しなければいけません。

この不動産を購入するということが、
結構手間がかかるもの。

 

物件を探すだけならネット上でも電話でもできますし、
業績を良くしたい仲介業者の担当は遅い時間でも
付き合ってくれます。

ただ、やることはそれだけじゃない。

 

物件を見に行く時間が必要です。
近場ならいいですが、地方物件となると
場合によっては飛行機で移動になります。

近場であっても、徒歩圏内とはなかなかいかず、
電車や自動車で移動して往復2、3時間は当たり前。
半日使っても3つ、4つが限界でしょう。

 

物件見学が終わったら買い付けを入れ、
次は金融機関に行きます。
融資の交渉をしなければいけません。

事前に確定申告書を用意しておけばあとは物件資料を元に
事業計画書を作るだけですが、慣れないと結構大変です。

不動産投資収支シミュレーターのように自動で
レポート作成をしてくれるツールを用いて手間を減らし、
何とか作り終わったのでいざ銀行に、と行きたいところですが。

 

銀行含め、金融機関は平日の日中しか窓口が開いてません。
既に取引実績がある人であれば銀行員が訪問してくれたり
しますが、これからスタートでは流石に出向くしかない。

平日に休みを取り、金融機関の窓口を訪れるため
すぐにぱっと休みが取れればいいですが、
仕事の都合でそうはいかないこともあるでしょう。

売主によっては融資がついた順で優先的に交渉を
するということも多く、休みが取れずに金融機関へ
赴けないのは、それだけで不利だということ。

 

全部話がうまく進んであとは金消契約と決済ですよ、と。

ここまできても、まだゆっくりはしていられません。

 

役所や税務署へ行き、書類を揃えなければいけない。
一箇所ですべてが終わらないので、
場合によっては半日かかる仕事です。

サラリーマンしかしたことがないと、
実印を持っていないこともあります。

実印の作成と印鑑登録もしなければいけない。
しっかりしたものを作ってもらおうとすると、
実印の作製にも以外と時間がかかります。

 

しかも、大体のパターンでは、
契約から決済まであまり時間がありません。

決済までの時間を短くするために、
短期間で急かされること間違いなし。

 

これだけのことを仕事が休めない中、
一人でやるというのは大変です。

物件一つの購入でこうですから。
一人でやれることには、限界がある。

 

最後に頼れるのは?

仲介業者も、人や会社によってはかなり
色々なことに協力してくれます。

売りたいですからね。

委任状で各種書類を取ってきてくれたり。
交渉を代わりにしてくれたり。

 

でも、本当にどこまで信用していいかどうか、
頼って大丈夫かどうか。

何かトラブルの原因になったり、犯罪被害にあったり、
可能性がない訳ではありません。

 

僕は普段、平日日中でなければできないことは
ほとんどを妻にお願いしてしまっています。

役所も、税務署も、印鑑を作るのも。

仲介業者さんのところへ行く時も、
できる限り妻にも着いてきてもらっています。

 

子育てがもう少し落ち着いたら、僕には無理そうな
資格も取ってもらおうかとも思っています。

美的センスが必要なものだとか……。

 

お陰でこうして、平日はメインの医師という仕事に
専念できるし、不動産以外のビジネスにも
着手をする余裕ができる。

我が家の収入は、本当の意味で共有財産です。

 

一番信用できるのは、やはり家族
や、子供が小さくないなら子供も。

家族に手伝ってもらうことに、
なんの悪いこともありません。

もし誰かが健康を崩してもサポートができるし、
給料を払って収入を分散することもできます。

何より、家族関係が良好であれば
決して裏切ることはありません。
……というのは言い過ぎでしょうか?

 

いずれにしろ、自分ひとりで何でもやる、ではなく。
夫婦で、家族で協力して事業をする。

不動産投資で成功するために、一番大事なものの
一つではないかと僕は信じています。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ネットで部屋探しなんて当たり前の時代です
  2. 大金を支払えると本気で思える相手と巡り合えたならそれは素晴らしい出会いです。
  3. 年末にトラブルを抱えるのは嫌なものです。
  4. 拡がる格差にうんざりしますか?
  5. 自然に恵まれた日本ですが、その価値は保たれるのでしょうか?
  6. 素材をどう生かすかは自分次第。
    • moody
    • 2013年 6月21日

    不動産決済迄は本当にエネルギーを消費します。
    私も二度行ないましたがやはり疲れます。
    金消時には家族総出、子供達は何のこっちゃ
    てな感じですがその内分かってくるでしょうね‼

      • きりのき
      • 2013年 6月21日

      ほんと、この時ばかりは肉体的にも精神的にもしんどいですよね。

      銀行や郵便局、役所系は開いてる時間が決まっているので、
      一つのミスが命取りになったり……

      今回は全て一人でやっているので発狂しそうです。(笑)
      環境にもよりますが、少なくとも僕の生活では
      妻が生命線ですねー。

      それとともに、家族が業務をすんなり引き継げるように
      なにやっているのかとか、何をしないといけないのかを、
      きちんとノートに残しておく必要もありますね。

      忙しさからはまだまだ逃れられなさそうです。

        • moody
        • 2013年 6月21日

        ははは ご自愛のほど
        頑張りましょう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る