必ずしも稼げない不動産投資、必ずしも詐欺ではない不動産投資

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資を「誰がいつ始めても儲かる」なんて考えてしまう時点
で、どうあってもその方は金銭的な破綻を迎えてしまうのは明らか
なような気がしますね。

そう誤認させるようなやり口には大きな問題があると思いますが、
そう思ってしまう人にも問題があるのは確実です。

「騙される方が悪い」なんて思いません。騙す方が悪いに決まって
います。騙す人間がいなければ詐欺被害なんて発生しない。

 

ただし、相手に騙す気がなくても投資には結果として失敗に終わる
ケースはいくらでもあるという事。

それを以ってして「騙された」と言い続ける人もいる、という事実
が問題を複雑化します。

結果として、悪い噂が残っていきます。それは決して健全ではなく、
業界の発展の妨げになり、時に不幸を呼んでしまう。いくら噂とは
異なる結果を持つ人間が大勢いたとしても変わりません。

 

まさに不動産投資に当てはまるのですけれども、こうしたジレンマ
は他にもよくある話。

腰の手術なんて典型例で、手術を受けて良くなった人なんて山ほど
いるのに、何故か世間では腰の手術を受けて歩けなくなった人々が
大勢いるように語られます。

もちろん、手術が原因で悪化をする事例は少数ながら存在します。
同じ手術法でも、どのような方に行うのか、誰が行うのかで結果が
違ってくるのは当然で。

それ故に、西洋医学を信用しきれずに治る病気を放置して、本当に
歩けなくなってしまう方、寿命を縮めてしまう方が未だにかなりの
人数いらっしゃいます。

 

僕は自分の人生ですから、自分で決定したならばそれも一つの選択
だと思っておりますので、あまり無理に手術を勧めず、できる範囲、
責任の負える範囲の治療を続けていきますが。

ずっと痛い、痺れると訴える患者さんを診ていると居たたまれない
気持ちになってしまいますね。

何とかしてあげたくてもしてあげられない己の未熟さを痛感します。

 

ただ、「手術は100%成功するもので、手術をすれば全てが解決し
全く以前のように戻れるのだ」と考えてしまう方には、流石の僕も
困ってしまいます。

神様の作ったものを人間の手で作り替えようとしたところで元通り
にできるはずが無いのは、一般的な常識感覚かと僕は思っていたの
ですけれども、意外とそうではないのでしょうか。

そのような誤認を持ってしまうと、なかなか現実と向き合った治療
が受けられず、希望通りにしてもらったら後は運否天賦で、運良く
期待通りの結果が出ればいいのですがそうでない場合は少なくない。

 

結果、泥沼の訴訟合戦になってしまうのは、誰も幸せになりません
ので、多くの人は誤認をしている方には一歩引いた対応をする人が
ほとんどです。

誤認をしている方は、こうして「理想的な答え」を求めて彷徨い、
苦しみ続けてしまいます。

不動産投資や医療に限らず、こうした事例は時々あるのではないで
しょうか。

 

思い込みからくる過度の期待は、たとえ一時の気の迷いであったと
しても本当に気をつけなければいけません。

現実は、あまり自分に都合よくはできていないものですから。

ぼやけた視界で歩いていれば道に迷って当然です。

自分の土俵を作るのが大切

不動産投資界隈では、特にこんな事が多いように思います。

一時期の不動産投資ブームにより、投資用不動産を取り扱っている
企業も増えています。成長市場だと判断したのでしょう、本来なら
不動産と関係ない企業でも、仲介業をしているところは増えました。

質の悪い事に、そのようなところやベンチャー企業は、本気で相手
のために仕事をしていると思っている節があります。新築区分など
明らかに投資不適格な物件の仲介を大真面目にしている。

知識も経験も無さ過ぎて話にならない営業も少なくない印象です。

 

そこに、同じレベルで知識も経験もない、けれどもお金が欲しい、
儲かる投資がしたい、そして人が成功するなら自分も成功するはず
だ、と誤認をした方がやってきたら。

実に不幸な組み合わせです。しかも、業者側はたとえ営業に知識が
なくても、企業は自己防衛のために徹底して合法となるような対策
をしています。

不幸になるのは、誤認をしたまま大金を投じてしまった顧客側のみ。
誰も騙していないのに、騙された人が生まれてしまう。

 

僕には残念ながらそのような不幸をなくす力は持っておらず、問題
を認識してはいても解決はできません。

できるのは、こうして警鐘を鳴らすのみです。

 

不動産投資が稼げない、詐欺だという極論にも大きな問題がある
思っていて、僕はこうして不動産投資で利益を長年確保できている
し、他にもそうである人は多い。

不動産投資が詐欺であるとの決めつけ、誤認をしている方もまた、
ろくな知識や経験を持ち合わせていない方々です。

が、そのような人が現れるのも仕方がないほどに、不動産投資界隈
は混沌としています。

 

不動産投資の世界で生きていくためには、とにかく現実を見て正確
な認識を持ち、自分に合った投資をしていくこと。

自分オリジナルの土俵を作り、その中で勝負をしていくことだけが、
不動産投資で稼ぐ唯一の方法。

一つとして同じ不動産は存在しないのは、不動産投資にそのような
難しさを生んでいます。

そこを考慮せず、自分は大丈夫、と思い込むのは妄想です。賢明な
皆さんには関係ない話と思いますが、舞い上がってしまうと意外と
ハマるもの。

重々ご注意下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ロシアンブルー
  2. 香港のアパート
  3. 勉強方は本当に人それぞれ。自分にあった方法を自分で見つけるしかありません。
  4. やりたい仕事を本業にするのが良い生き方ではないでしょうか。
  5. 足元がどうなっているか、分かって歩いていますか?
  6. 拡がる格差にうんざりしますか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る