不動産投資は融資を受けることから始まる

この記事は2分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資で最も高い壁といえば、やはり資金です。

お金が無ければ、いくら欲しいといっても買えません。

 

まともな物件なら、安いものでも100万円単位、

高いものなら億を軽く超えてきます。

流石に、普通の人では自己資金のみでは買いにくいです。

 

 

勿論、自己資金だけで買うことのできる範囲の物件だけを

少しずつ買い進め、収入を得るのもいいと思います。

実際、そうやってコツコツ手持ち物件を増やし、

利益を上げている方もいます。

 

一つの投資スタイルとして、素晴らしいと思います。

 

ですが、せっかく不動産投資をするなら、

お金を借りることもできるわけですから、

利用しないのももったいない話です。

 

 

融資を受けるといえば、どこが思い浮かびますか?

 

まずは銀行でしょう。

 

次に消費者金融などのノンバンクでしょうか。

 

 

実は、お金は色々なところが貸してくれます。

 

信用金庫は、業務的には銀行と同じです。

 

政府系金融機関である政策金融公庫や、商工中金

各種信用組合など、探せば本当にたくさんあります。

 

 

ただし、すべてが同じ条件で貸してくれるわけではありません。

それぞれの金融機関が、独自の信念を持って融資を決めています。

同じ金融機関内でも、支店や金融商品によって条件が異なります。

 

 

貴方がサラリーマンだとするとまず借りやすいのは、

一部銀行のアパートローンと言う不動産投資ローンでしょうか。

 

なぜ借りやすいかといえば、それは購入予定の物件と共に、

貴方の給与所得などによる信用を共同担保にするからです。

 

多少経営が上手くいかなくても、普段の給料から借入金返済が

できるだろうと見積もっているわけです。

 

逆からみれば、給与所得の額により、融資してくれる額に

限界があるのも分かると思います。

それはまたそれぞれの銀行によりますが、例えば有名な

スルガ銀行さんは、年収の20倍程度まで、と言われています。

 

 

ここでいくつか、注意です。

 

アパートローンを組んでしまうことで、住宅ローンを

受けられなくなる可能性があります。逆もまた然り、

現在住宅ローンが残っている方は、アパートローンを

借りにくいかもしれません。

 

将来の計画を見据え、家族ともしっかり相談し、

計画的に融資を受けるようにしましょう。

 

 

年齢も注意が必要です。歳を取り過ぎてしまうと、

サラリーをもらえる残りの期間が短いため、

融資に不利かもしれません。

 

また、健康を害している方は、やはり融資を受けにくいです。

団体信用生命保険という保険に加入することになるのですが、

当然持病がある方はその審査で不利になります。

 

 

借りてしまうと意外とあっさりしたものですが、

やはり融資を受けるというのは、大きなイベントです。

 

できるだけ有利に借りられるよう、普段の健康にも気を遣いつつ、

慎重に不動産投資計画を建てるのが大事なことです。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 営業って大変ですよね。にもかかわらず優遇されるということは?
  2. 3回目です。今度こそチャンスを逃さぬように。
  3. 個別融資だからこそよりじっくりと自分を品定めされます。
  4. トラストミーと言って信用してもらえるかどうかは自分次第です。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る