お金の話をしたいのならば、まずは信用を積み上げること

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

前回は属性という言葉に縛られるな、というお話をしました。

サラリーマンが融資を受けるのに必要な『属性』の本来あるべき考え方

もう少しあっさりした言い方をすると。

低属性だから大きく融資を受けることはできない、
と悲観的になったり、低属性でも大きく融資を
受けられる方法はないものか、と裏技を求めて
彷徨うのはやめよう、ということです。

結局、王道が強いんです。

映画でもドラマでも、大ヒットするのはいつの世も
王道と言われる作品。

ハッピーエンドを迎える物語の方が、
悲劇の物語より受けが良いもの。

非王道作品は一部熱狂的ファンがつくことはありますが、
ついてくるのはコアなファンだけとなり、最も数の多い
ライトユーザーはついていけなくなってしまう。

 

王道の物語で大ヒットを生み出すことができる人が、
方向性を変えて難しい話を作るのはいいと思いますよ。

でも、王道の物語すら書くことのできない作家が
いきなり奇抜な物語を書いたって、売れません。

そこには説得力がない。

 

どんな世界においても、世の中最も多いのはライト層です。
そこを無視して突き進むには、それ相応の何かが必要。

普通にやろうとして達成できることではありません。

 

不動産投資においてもそれは同様です。

一般的サラリーマンであって、収入も普通、自己資金も普通。
そんな、普通だらけの人間が、大通りを渋滞していそうだからと
避けて諦めたり裏通りの抜け道を探してもうまくいくはずがない。

 

まずは大通りを進みましょう。

一見、すぐには目的地に辿り着くことのできない
遠回りの道に見えるかもしれません。

でも、一度もその道を走ったことがないのに、
どうしてそれが分かるのか。
どうして時間がかかりそうに思えるのか。

 

成功者は誰でも、王道からスタートしています。
基本ができているからこそ、地力がつくんです。

地力がないと、ピンチに弱くなります。
修羅場をくぐった経験がないまま大舞台に立つと、
本来の実力を発揮できません。

成功のチャンスを逃して沈んでしまいかねない。
そんなことにならないように、基本を大事にすべきです。

積み重ねた信用が融資を引き出す原動力

融資を受けるための王道とは

では、融資を受けることについての王道とは何でしょう。

それが、信用です。
信用さえあれば、属性なんて関係ありません。

 

低属性でも10億円以上の融資を受けて家賃収入○億円、
という著名人がいますよね。

その人の投資内容の実態はともかく、金融機関が
融資をしてくれたという事実は確かなこと。

でもそれは、いきなり10億円ものお金をポンと
貸してくれたなんてことではない。
積み上げてそこに到達した、というだけ。

10億円を借りることができた人は、
それだけの信用を得ることができたという証です。

 

つまり。

信用を積み上げていくことこそが重要であり、
それに比べれば他のことは瑣末な問題でしかない。

積み上げた信用が同じならサラリーマンだろうが、
無職だろうが、大会社社長だろうが金融機関としたら
全く同じです。

 

スタートラインは異なりますよ。

収入が多い方が、自己資金が多い方が、勤続年数が長い方が
積み上げたものが同じゼロであれば初期の信用が高い。

今までの人生の差だけ、スタートラインに差がつきます。

でも、それだけです。

 

まずは予選通過。次に本選完走。

今までの人生でお金をたくさん得られるようになっていたから
金融機関からの評価、信用が高くなる。

F1で予選結果によってスタートラインに
差が出るのと全く同じこと。

でも、F1でも不動産投資でも、予選の成績が悪かったから
本戦でも必ず成績が悪いなんてことありません。

 

F1は長い戦いです。何十週も走り、最終的に故障したり
クラッシュしたりすることなく速く走り抜いた人が勝ちです。

いくら予選をトップ通過しても、
途中リタイアでは何の意味もない。

 

逆に、予選は通過できればあとは本戦で頑張ればいい。
しかも、不動産投資では優勝を目指す必要なんてない。

自分より稼いでいる人がいても、その人より稼ごうと
争うことに、何も意味がないからです。

 

もし予選突破ができなければ?

予選突破できるように努力するだけですよね。
プロのF1レーサーとして、チームとして続けたければ。

 

信用を得るに必要な時間

分かると思いますが、予選通過=最低限の資金を貯めること。
本選で頑張る=信用を積み上げていく、です。

信用を積み上げていくことで、確実に
金融機関からの評価は高くなります。

それには、どうしても時間がかかる。

 

数ヶ月、1年、2年という短期間で何とかなるものじゃない。

異性と出会って結婚するまであまりにも
期間が短いと、びっくりしますよね。
よくそんな短期間で結婚する気になれたね、と。

人の信用を得るには、普通は時間がかかるものだと
理解しているはずです。

 

だったら、焦らずに信用を積み上げていくこと、
スタートラインに立てないならお金をしっかりと貯めること。

それが近道、裏道を探す前にやるべきことだと
心に刻み込むことが先決。

具体的なテクニック、細かい話はそれから、です。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 田舎では金融機関も少ないんです。
  2. 金利が上昇する前に経済が飛び立って欲しいところ
  3. こんな間違いを犯してしまわないように。
  4. ノーマネーでフィニッシュです。
  5. 一部金融機関の不動産融資引き締めは地方投資には逆風です。
  6. 「時は金なり」をどう解釈していますか?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る