不動産投資を始めて3年経過。得たものと背負ったもの。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資を始めて良かったか、悪かったかと聞かれれば、間違いなく
「とても良かった」と即答します。

それは単に、僕の投資の現状が上手くいっているからであって、厳しい
経営状況にあるタイミングで同じ事を尋ねれば「やらなければ良かった」
と答えるかもしれず。

あまり意味のある質問とは言えません。

 

では、不動産投資を始めたことによるメリットデメリットはどうか、
と聞かれれば。

これはすごく意味のある質問と思います。何故なら、深く考えなければ
正確に答えられないからです。

収益不動産を所有してから丸三年が経過して、僕も少ないながらの経験
を得ました。メリットが大きいのは勿論ですが、デメリットがないとは
とてもではありませんが言えません。

経験上感じたものをまとめるのは僕自身にも利益がありますので、今回
不動産投資によるメリット・デメリットを書いてみようと思います。

3年経って、ようやく花開いた気分です。

不動産投資は将来性の拡張工事

不動産投資を始めて一番良かったと思ったのは、将来の自由度が大幅に
拡張されたこと、です。

 

雇われとして働き、毎月安定した給与が頂けるのは、とても素晴らしい
と思います。ある程度の安定した賃金及び安定した雇用は、経済的にも
精神的にも自分を支えてくれる、大事な存在。

しかしそれだけだと先が見えてしまう。30年後までに得られるであろう
お金の総額の最大値の予測は容易で。意識せずとも自分の限界を察して
しまいます。

出来る事といえば、手に入るであろうお金を何に使うかを、妥協を重ね
ながら検討するだけ。就職した時点で、老後まで可能性が全て決まって
しまう。

ここ最近は、将来に渡り得られるであろうお金に不安を感じ、ローンを
組むのすらも躊躇する人が少なくない。

お金に今を縛られ、夢まで奪われてしまう。非常に残念です。

 

不動産投資によって可能性は大きく開けました。安定した収入源として
機能してくれ、想像以上の余裕資金を与えてくれます。

もしまだお金が足りないと予想されたとしても、他を削って財源を絞り
出す必要はなく、より稼ぎを増やすべく投資規模を拡大すればいい。

限度はありますが、僕程度の持つ望みであれば何一つ妥協せずに実現を
する可能性を与えてくれたのは、実に大きい。

 

僕の持てる可能性を高めてくれただけで、デメリットなど全て吹き飛ぶ
ほどのメリット、ベネフィットを与えてくれました。

不動産投資を始めて、本当に良かったと思います。

 

責任の重さも実感

デメリットは決して小さくはありません。

先ほどは人生に自由度を与えてくれると書きましたが、ある意味大きな
矛盾を抱える意見もあります。

不動産投資を始めたが為に人生を縛られてしまう部分がある。

収益不動産そのものでなくというより、債務の存在によるものですが。

 

返済すべき融資を抱えたことにより、常にそれを意識して生活せざるを
得ません。融資の返済が滞れば、社会的な死を迎える羽目になりかねず、
しかも自分だけの問題ではなくなってしまうからです。

大切な家族を傷つける結果となってしまうかもしれない。

 

常に経営と返済について考えていなければいけないのは結構なストレス
です。大きな買い物をする際に、随分と躊躇します。

旅行へ行くにも、家電を買うにも、手持ちの資金を手厚くしておく為に
節約をしたり、我慢をしたりが絶えません。

十分な資金が貯まってしまえば解消されるのでしょうが、いくばくかの
年月が必要です。

三年が経過しましたが、借り換えなどにお金を消費してしまったので、
未だに満足いく資金は貯まっておりません。

借り換えによってキャッシュフローは改善し、経営に余裕ができたはず
ではあるのですが、それでも不安なんです。

 

経営と融資返済に関わるストレスは、体験した方にしか分からないもの
かもしれません。

経営の苦しさが嫌でせっかく購入した収益不動産を売却しましたという
話も時々聞きます。

全ての責任を自分で負うというのは、想像以上に負担になるものです。

 

得たベネフィットは遥かに大きい

もうひとつ大きなデメリットとして、直近で使いたいお金に関しては、
前述の理由で縮小せざるを得ないために不自由になってしまう、直接的
な金銭問題があります。

僕も子育てをしながら投資に勤しんでいますが、将来的な教育費などの
不安は薄れますが、近々の話、幼児教育であるとか小学校であるとかに
ついてはむしろ悩みが増えました。

住まいなんかも同じです。長い通勤時間が掛かって多少不便があっても、
安さと広さを選んで住んでいます。

 

不動産投資なんてせずに得られる賃金だけで地味な生活をしていれば、
そのあたりでケチったり悩んだりすることもなかったと思います。

もっとも、無駄遣いをしなくなった点で、メリットであるとも言えます。
いかにポジティブな考え方ができるか、ですね。

 

あとは、書類の整理が大変だとか、仕事量が増えるだとか、小さな話。

基本的には「ストレス」の面と「直近のお金」の問題がクリアできれば、
不動産投資にまつわるデメリットなんて小さなもの。

メリットの大きさに比べれば、些細なものです。

僕は何度聞かれても、不動産投資を始めて良かった、と答えます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 融資を受けずに小額でも始められる。REITのメリットです。
  2. 自分が率いているのを忘れてはなりません。
  3. もっと気軽に起業していいのではないでしょうか
  4. 行かなければ見えない風景があります。
  5. 自動販売機は自動化の代表例ですね。
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る