ベストな不動産投資法を見つけること、気負いすぎないこと。

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資とどのような形で向き合っていくべきかどうかは、本当に
人それぞれだと思うんですよね。

 

僕はできる限り不動産投資のためにかける日常の労力を少なくしたい
と考えておりますので、できる限りプロにお仕事をお願いするように
しています。

物件を探すことも、リフォームも、物件管理も、税務・会計処理も、
お願いできるものはすべてお願いする。

それが僕の言う「おまかせ投資」です。

 

僕はいくら頑張っても素人です。その道のプロには勝てません。逆に
医療についてであれば少なくとも医師免許を持っていない方に負ける
ことのないよう、日々努力をしています。

餅は餅屋。標語として掲げたいほど、いい言葉だなと。

 

それを実践するために別の方面へと労働力を割り振る必要はあって、
決して不労所得となる事はありませんが、不動産投資に消費する時間、
体力、精神力が許容範囲であればいいかな、と。

色々と気を遣ったり、頭を使ったり、お金を使ったりはしますけれど、
目標を達成するために苦労したりリスクを伴うのは当然です。

僕としては、それでよい、と思っています。

 

ただ、誰しも僕と同じ方法が良い、とは全く思いません。

中には時間と労力をどれほど消費してでも、少しでも手元に残るお金
を短期間に増やしたい方もいるでしょう。

そんなに大金は要らないから、できるだけリスクを少なくしてお金を
得たい方もいる。

方向性は似ていても、何にリスクを感じるか、何が辛いと感じるかも
人それぞれ。

 

不動産投資に臨むならば、自分がどうしたいかをまずはっきりさせる
必要があり、それを見つけることなく見切り発車でスタートすれば、
人生の貴重な時間とお金を無駄にしてしまうかもしれません。

思い立ってラーメン屋を始め、失敗し、離婚に至ったなんて話を最近
人から聞きました。

当人の気持ちを直接聞いたわけではありませんので、本人が不幸だと
思っているかは分かりませんが、周りから見て幸福には思えない。

そうならないよう、不動産投資を始める前にしっかりと自分を見つめ、
見極めをして下さい。

もっと気軽に起業していいのではないでしょうか

おまかせ投資は一つの形に過ぎない

事業を行うというのはサラリーマンをするのとは違い、自分の思い
とても大切になります。

サラリーマンは所詮サラリーマンで、仕事が嫌でも好きでも同じ作業
を同じ効率で行うことができれば、会社から見れば同じ価値。

中小企業だと好き嫌いで人を選ぶこともあるかもしれませんが、基本
は個人の感情など関係ありません。

仕事に対してどのような思いがあったとしても、会社の期待する役割
を果たしてくれればそれでいい。

 

ですが、不動産投資を含めビジネスはそうではありません。すべてに
ついて自分で決めていいのですし、自分で決めなければいけない。

自分で決めたことの責任は自分で持たなければいけないし、自己責任
であると同時に利益も全て自分のもの。

そこにあるのは、完全な自由です。

 

それも、自営のみで生活している人と異なり。

食い扶持は別にあるのですから、不動産投資で生活費を稼がなければ
いけないという縛りすらありません。

家族と自分はサラリーマンとしての賃金で雇えばいいのだから、無理
をして利益を得よう、得ようと気張る必要もない。

 

日本において、最も気楽に参入できて、最も簡単に利益を得ることが
できる「事業」。それが不動産投資です。

 

そんな不動産投資に対し、僕は「おまかせ投資」が自分にとって最も
価値のあるものとできると考えました。

利益効率が多少低くともメインの仕事を圧迫せずに資産と時間を安全
に有効活用できる存在であって欲しかったからです。

経費が多くなって実質利回りが低くなる分、経営リスクは上がります。
しかし、得した時間を用いて余計に掛かった経費以上の利益を上げる
ことができれば、全体的にはプラスとなる。

そしてそれを実現する自信があった。

 

だから、僕はおまかせ投資の理念を知ったうえで共感を覚えてくれる
方に「勧める」ことはできても「押し付ける」ことはできません。

不動産投資と、どのように、どんな形で付き合っていくかは、絶対に
ご自身で決めなければいけません。

 

ただ、もっと気軽に起業を考えてもいい

とはいえ、不動産投資は実に気楽に始められるビジネスです。気負い
過ぎて、不動産投資をスタートできないのもちょっと考えもの。

本来は全てのビジネスがこのくらい気軽に始められるものであるのが
理想的な世界だとは思います。

己をしっかりと見つめ直し、無理なリスクを知らぬ間に抱えてしまう
可能性が無くなれば、気軽に始めてしまってもいいかもしれません。

 

僕の様に中古のRCマンションを、生涯収入並の大きな借金を背負って
人生を掛けて挑むような真似をする必要はないんです。

月に5万円だけ、今の給与に加えて収入を得るだけで、今以上に豊かな
生活を送ることは可能。

収益不動産で月5万円を得るなんて僅か500~600万円を不動産に投じる
だけで達成可能。

夫婦二人で努力すれば、その程度の資金を集めるなどそう難しくはない
ですよね?

 

不動産投資は、本当に気軽にビジネスの世界を体験できます。

ビジネスに挑戦するのは、想像以上に楽しいです。やりたいようにやり、
好きなように自分を表現できる。

うっかり僕が自分の人生を賭けてしまうほどに、楽しい。

 

ショッピング感覚に収益不動産を買う人を批判する方もいますが、僕は
小さく始めるならばそれすらもいいのではないか、と感じます。

だってこんなに楽しい世界、皆に知って欲しいじゃないですか。

自身の価値観をはっきり理解できたのであれば、是非もう少し気を楽に
して不動産投資と向き合ってみて下さい。たった一度きりの人生です。
ビジネスだって楽しんだもの勝ちだと思いませんか?

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 自動販売機は自動化の代表例ですね。
  2. 背中を預けられるほど人を信用できますか? 人から信用してもらえそうですか?
  3. 美しい水田の連なりは日本の古き良き風景ですが、それを守るにはコメ農家の努力が欠かせません。
  4. 本当にその手を握っていいのか、よく考えて。
  5. 3年経って、ようやく花開いた気分です。
  6. 柱を立てるのは結構大変なものではありますが。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る