サラリーマンがお小遣いを増やす為にやれること

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

毎年、サラリーマンのお小遣いの調査が民間で行われ発表されますが、
名目賃金が上昇している割には上がらないどころか下がる傾向にあり、
哀愁を感じます。

 

政府の賃金統計調査がおかしい可能性もありますので、判断に難しい
部分もありますが。

2015年の新生銀行が実施したアンケート調査によると平均3万7642円、
前年比1930円の減少だそうです。

母集団が異なりますのでバイアスがどの程度掛かっているかは不明で
ありますが、2000人以上の調査のようですからある程度信頼のできる
数字として続けます。

 

名目小遣いが減少、実質は更に減

名目賃金は昨年に比べると伸びつつあるものの、それがサラリーマン
の小遣いに反映されないのは、賃金の伸びが実感できるほどではない
のと将来への不安によるのだろうと思われます。

賃金の推移はここ数ヶ月でようやく水面下から浮上してきた段階で、
順調にこのまま伸びてくれれば来年の今頃には小遣いアップも期待が
できるのではないかと思えますが。

根本的には、将来への不安が一番強いのではないでしょうか。

 

何しろ、年金にはまるで期待ができない。年金の受給年齢は先延ばし、
額も減額、自分たちの年金を支える予定の世代の数は少なくなる一方
と、年金の持つ老後の安心を与える役割がまるで機能していない。

加えて、終身雇用の終焉によるリストラ不安年功序列の廃止による
賃金の低空飛行懸念。ろくに預貯金もできない環境にあるのに、老後
の資金を蓄えておかなければならないとなれば。

夫に小遣いなんて与えている場合ではない、と思われるのでしょうか。

 

正直、共働きが増えている中でサラリーマンの小遣い制など時代遅れ
でしかないと思いますが、それにしたってちょっとかわいそうという
レベルを超えている気がします。

何しろ消費税は増税され物価も食品を中心に上昇しています。小遣い
には多くの場合昼食代もコミのようですから、上昇した昼食代分だけ
自由に使えるお金は減るばかり。

減った自由資金を使おうにも、そこでも値上げの影響を受け、実質の
小遣いの減少は大変なことになっているように思える。

慎ましやか過ぎる生活の中、健全な精神状態で仕事に取り組めている
のかどうか、心配になります。

 

僕はお金をほとんど使わない人間ですので、昼食費込みで月3万円の
生活で困る事は全くありませんが。

それは特殊な例だと思います。普通であれば、がんばって仕事をして
いるのに自由になるお金が少なすぎて泣きたくなるでしょう。

それに僕は使わない、であって使えない、ではありませんから、心に
受ける負担が違いすぎます。

やはり、よほどお金の管理が苦手でない限りは精神的ストレスを低減
するためにも夫も家計管理に参加すべきだなぁと実感しました。

やってみるととても面白いですよ、料理も。

小遣いを増やす鍵は趣味

いかにしてサラリーマンが小遣いを増やすのか。

物価をいじったり年金の支給額を増やしたりはできない以上、一番は
収入を増やすのがよさそうです。

アルバイトが許されるならアルバイトでも、駄目なら投資でも。仕事
をがんばるだけではすぐに解消できませんので、本業以外の道も検討
した方がいいと思います。心が折れる前に。

 

最近は株式でもミニ株という、非常に小さな単位での投資も可能です。
儲けも小額ですがリスクも小さく、毎月少しずつ節約した小遣いから
貯めたお金で挑戦できます。

ついでにそのミニ株投資を趣味にしてしまえば、趣味に掛かるお金を
削減できますね。

 

FXだと、小さな額で始めようと思うとレバレッジを掛けられるように
しておかなければいけなくなります。レバ1倍では1万円以上は必要。

うっかりレバレッジを上昇させてしまうと大きな損失に繋がり、問題
になりかねませんのでご注意下さい。

その代わり夜だろうと取引可能ですので、趣味としては時間の縛りが
無くていいのですけれどもね。

 

しかし、現実には収入を増やすのはそう簡単な話ではありません。

アルバイト以外は、逆に減らしてしまう可能性もある。

ですので、やはり一番気が楽なのは、お金を使わなくてもできる趣味
を探したり、お金になる趣味、もしくはお金の節約になる趣味を探す
のがいいのではないでしょうか。

 

昼食代が負担なら、料理を趣味にしてしまえば昼食代を浮かせられる。
交通費は健康維持目的で歩く距離を伸ばせば少し安くできます。

ネットで無料でできる事を趣味にすれば、お金は本当に掛かりません。
ブログなどで小銭稼ぎをされている方は結構たくさん存在します。

 

お金を独力で稼ぐということを知る

節約しながら多少でも生活の足しになる収入を得られる趣味を見つけ
られると、実のところ得られるお金以上に自分の成長に繋がります。

ほんの月5,000円程度でも、お金を自分の力一つで得るのは大変な努力
と労力を必要とします。

それを達成する前とした後では、全く別人といっても過言ではなく。
小遣い稼ぎで培った経験や能力、思考力は、本業でも、その後の人生
においても大いに役に立ってくれます。

 

一切のお金を必要とせずにできる努力もせずに、損失を生む可能性の
ある投資ができるでしょうか?

もしできるとしたら、投資やビジネスをゲームやギャンブルと勘違い
しているに過ぎないのだと思います。かえってお勧めしません。

不動産投資なんて大金を消費し多額の融資を背負うのですから。

 

もし利益を得るところまでいかなかったとしても、お金の掛からない
趣味で時間を潰し、節約には成功したわけですし、多くの経験を得た
のであれば、大きなプラスと言っていいのではないでしょうか。

楽しくやれているのなら、それこそ利益を上げられるようになるまで
続ければいいだけの話。

小遣いの少なさに悩んでいる人にこそ、頑張って欲しいと思います。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 無難な結果となった選挙戦でした。
  2. 秋の臨時国会ではどのような補正予算案が提出されるでしょうか。
  3. 経済学通りに経済が進んだためしはありません。
  4. 情報の仕入れ方が勝負を決める一因です。
  5. 大きな戦争に発展しなければいいのですが。
  6. ゆうちょ銀行の株式公開は本当にされるのでしょうか。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る