カテゴリー:融資

  1. 3回目です。今度こそチャンスを逃さぬように。

    黒田日銀総裁が、再び金融緩和について触れてきました。賃金の上昇を 待つようなことはしない、適切なインフレを起こせば賃金は後から必ず 追いついてくる、との強気の発言に、一部反発もあるようです。 現在、長期間続くデ…

  2. 金利が上昇する前に経済が飛び立って欲しいところ

    世界の金融経済に関するニュースを聞いていて、金利に関する話題を 耳にした経験が無い方は存在しないのではないでしょうか。 金利と一言で言っても色んなものがありますが、細かい話を始めると 収集がつきませんので、ここ…

  3. 破綻のリスクはどの程度?

    不動産投資にはどうしても損失を発生させる「リスク」があり。 昨今のリスクを極端に嫌う傾向がある現役世代の方々にとって、 巨大なローンを背負う事が信じられない、失う危険性があるのに 自分のお金を投資する意味が分か…

  4. 金利交渉がうまくいくかどうかは貴方次第。

    私たちにとっては金利は低ければ低いほどありがたいもの。その点について 異論のある方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。 貸してくれない低金利よりも貸してくれる高金利(限度がありますが)では あるもの…

  5. 田舎では金融機関も少ないんです。

    地方物件へ投資をする際に、必ず気を使っておかなければいけないことが 一つあります。 金融機関について、です。 以前も何度か触れていると思いますが、復習も兼ねて記事にします。 地方物…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る