カテゴリー:融資

  1. 連帯保証人になったがために人生が狂ったなんて話はドラマの世界だけではありません。

    収益不動産に限ったことではありませんが、金融機関から融資を 受ける際には融資額に相応の要求をされます。 いわゆる担保です。 それは収益不動産そのものであったり、保証人であったり、 案件によって大きく違って…

  2. 自由になるお金がたくさんあれば安全なのですが。

    不動産投資で最も安全な投資方法は何かといわれれば、それは確実に 「融資を受けず全額現金で挑む」手法です。 これは疑う余地がありません。 損をしない可能性がない訳ではない。 せっかく…

  3. ノンバンクだからこそより厳しい視線が浴びせられます。

    ノンバンクの話の続きです。 前回お伝えしましたように、ノンバンクで融資を受けることは 決して悪いことではありません。 どうしても銀行や信用金庫でローンを組むことができない時。 ノン…

  4. 自分の足で走りましょう。

    最近になって妙によく耳にする単語があります。 『ノンバンク』です。 石原博光氏の不動産投資教材第2弾の影響でしょうか。 それとも何か見えない力が動いているんでしょうか。(笑) …

  5. 融資の制限が無くなったら…。

    不動産投資において、アパートローンとプロパーローンは 収益不動産を購入するために受けるという意味では同じもの。 しかしその扱いは大きく違います。 アパートローンは不動産事業の素人に対して…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る