カテゴリー:融資

  1. 自分の足で走りましょう。

    最近になって妙によく耳にする単語があります。 『ノンバンク』です。 石原博光氏の不動産投資教材第2弾の影響でしょうか。 それとも何か見えない力が動いているんでしょうか。(笑) …

  2. 融資の制限が無くなったら…。

    不動産投資において、アパートローンとプロパーローンは 収益不動産を購入するために受けるという意味では同じもの。 しかしその扱いは大きく違います。 アパートローンは不動産事業の素人に対して…

  3. 個別融資だからこそよりじっくりと自分を品定めされます。

    プロパーローン(事業性融資)について、 古い記事にコメントを頂きました。 プロパーローンを受けられる人と受けられない人では、 不動産投資において大きな差があります。 1軍と2軍ほどの差があると思って間違いあり…

  4. 「時は金なり」をどう解釈していますか?

    アパートローンから始めてどう不動産投資規模を拡大するかを テーマにしたこのシリーズ。 ここまでの話の芯は、信用です。 信用を失わないように行動することが最も重要。 アパートローンの…

  5. 補足。画像は関係ありません。

    経営者としての信用に乏しいサラリーマンが 不動産投資をしていくのに強い味方となる、 アパートローン。 ただし、アパートローンで1棟マンションを 購入しただけでは、とてもではないけれども 夢を実現するための資…

RETURN TOP

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る