経済的成功者に共通する、絶対必要なマインド

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

不動産投資をするには粘り強くあることがとにかく重要です。

交渉も粘り強く、経営も粘り強く。

 

そもそも最初の1棟目を購入するまでも、多くの場合は粘り強く優良物件を
探すところからが始まりです。

割安な物件情報が流れたら30分以内には買い付けが出てしまう現状の環境で
普通のサラリーマンにはネットで上がった物件を即購入できるほどのヒマは
ありません。

ちょっと業界裏話的になりますが、なぜ物件情報がレインズに掲載されたら
すぐに買い付けが入るのかといえば「常時監視」をしている方々がいるから
にほかなりません。

その方々は、主に転売業者さんです。

 

割安な物件の仕入れは彼らにとっての生命線ですので必死です。なにしろ、
売れるものを仕入れることができなければ利益を上げることは不可能なの
ですから。

不動産の転売業者さんはたくさん存在します。転売業者さんもピンきりで、
優良なところから吹っ掛けて半ば騙して買わせるところまでありますね。

賛否両論あると思いますが、たちの悪いところとは付き合わなければいい
だけで。まあ、あまり業界に詳しいわけでもありませんので、このあたり
で口をつぐんでおきます。

 

で、転売業者さんの中でも特に粘り強いのが、その転売業者さんの中でも
優良なところ。優良というのは取得した物件をエンドユーザー、私たちの
ような個人投資家へ十分利益の出るレベルで回してくれるという意味。

優良な仲介業者さんとの違いは仲介手数料で稼ぐか、付加価値をつけた分で
稼ぐかの違いだけ。いわゆる売主物件という形になるのですが、僕のような
素人でも不動産投資に導入がしやすい個人的には嬉しいサービスです。

 

優良転売業者さんは悪い噂が流れないようにしっかりとした対応をしないと
いけないので必死です。付加価値をつけた上で、自分たちの利益も確保し、
エンドユーザーが満足のいく物件に仕上げなければいけない。

仕入れ価格をできる限り安くしなければ、自分たちの儲けがなくなるか信用
を失うかのどちらかなのですから。

そのため、粘り強く物件を探します。時には外注してでも。そんな感じで、
物件情報を常時見張っている人々が大勢いるためにレインズ等に優良物件が
登録されたらごく短時間で買い付けが入るんですね。

転売業者さんが儲かっているのであれば、それは粘りが生んだ産物といって
いいでしょう。

粘れば出口は必ず見えてきます。

相手の土俵で勝負するのは愚かなこと

個人であっても負けてはいられません。

サラリーマンでは同じ土俵で勝負を挑んでも勝ち目はありませんから、違う
方向性で強い粘りを発揮するのがいいでしょう。

 

物件探しで言えば、前述のような不動産転売業者が手をつけない掘り出し物
を探すこと。

長期間ネット上に掲載されても売れないような物件はもしかしたらそのうち
痺れを切らして価格を下げるかもしれません。

粘り強く交渉を行えば、大幅な指値が可能となるかもしれません。

「かもしれない」の範疇から抜け出すことはできませんが、粘り強く行動を
する中で一つだけ現実となれば十分なんです。

不動産投資は一度のチャンスさえ掴むことができれば、十分すぎる程の利益
を得ることができるのですから。

 

それよりも小さな話にはなりますが、経営においても粘り強さは大切です。

近年は賃貸不動産の競争激化により部屋あまり状態となり、貸し主よりも
借り主の意見が価格に強く反映される傾向にあります。

礼金など昔は2ヶ月が当たり前でしたが、多くの地域で礼金ゼロが当たり前
となってきている。

 

それとともに不動産賃貸業でも稼げるパターンが変化をしてきています。
できるだけ長く同一入居者に住んでもらい、入退去を可能な限り減らす事
が利益を残すには重要なことです。

そんな状況ですからもし退去連絡が来たときには、言われるがままに返事
をするのではなく粘りを発揮することが大切。

退去理由如何によっては退去を思い止まってもらえるかもしれない。家賃が
原因だとしても、入居者さんは交渉が苦手で自分から言い出せないだけなの
かもしれない。

長く住んでいるといつの間にか相場より高い価格で入居をしているなんて、
良くある事。そこをこちらから助け舟を出してあげることでより長い期間、
入居をしていただけるかもしれない。

 

粘り強い経営で、少しでも多くのキャッシュフローを得る努力をすることは
何十年にも渡る経営の中では決して小さなものではありません。

 

粘り強さのない成功者はいない

どんなことでも粘り強さは大切ですよね。

受験勉強でも、スポーツの練習でも、それぞれの本番でも。

 

医師をしていると人と話す機会が非常に多いのですが、どうしても患者さん
やご家族の理解を得られないと治療もうまく進まないもの。

そこは粘り強く説明し、治療に協力して頂く体制作りをしなければいけない。

 

どこの業界でも、どんな仕事でも同じ事と思います。可能性が残されている
以上は粘り強く、根気良く繰り返していく積み重ねが成功に繋がるもの。

子供の躾と同じように。粘り強さ、負けない意思こそが全ての成功者に共通
している項目、です。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. せっかく入社した新人がすぐ辞めてしまうのは頭が痛いことでしょう。
  2. 険しい道を歩くのも一つの選択です。
  3. ホテル業界が黙っているとも思えません。
  4. お金の管理、できていますか?
  5. 子供が増えることは社会にとっていい影響を与えます。
  6. 年末にトラブルを抱えるのは嫌なものです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る