不動産投資のメリット・デメリットを再考する【2】

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

続きです。まだ不動産投資のメリットが書ききれていませんね。

前回に引き続き、他の投資商品に比べて収益不動産が持つメリット、
デメリットに関して挙げていきます。

 

不動産投資のメリット

4.資産や所得の分散に役立つ

生命保険代わりになるとか、相続対策になるとか。色々と不動産投資の
メリットとして語られることがあると思いますが、総じてこの言葉で
代用をすることができると思います。
びっくりするくらいメリットは多いです。
大切な家族に対して、自分が何かあった時の生きる力を残してやれるのは
不動産投資の大きなメリットです。

 

市場は自分がいなくても動いています。それは株式だろうと為替だろうと、
不動産だろうと同じです。

自分が病気で倒れても、事故で死んでしまっても、市場が止まることはない。

不動産投資であれば、オーナーとの連絡が一日二日連絡取ることができずとも
ほとんどの場合は大きな問題にならないでしょう。

 

僕の場合、1ヶ月音沙汰なしでも問題になることはほとんど無いと思います。
管理会社さんが何でも対応しておいてくれますから。

家賃は日にち通り毎月振り込まれますし、融資返済だって口座から自動で
引き落とされます。

落ち着いたあと、ゆっくりと対処してくれればいい。

 

株などの場合、怖いと思いませんか?

もしポジションを保有したまま倒れてしまい、そのまま所有ポジションと
逆方向に進んでしまったとしたら。たまたまそこに大きくレバレッジを
掛けてしまっていたとしたら。

不動産の場合は配偶者や子供がどこにどんな物件を持っているのかを把握して
いることは多いと思いますが、株式やFXのポジションまで認識を共有している
なんてほとんどないのでは?

気がついた時には相続する資産が無くなっていた、なんてこともありえます。

 

その点、不動産はとても安心です。

所得分散して配偶者や(15歳過ぎていれば)子供の資産を作ってあげることも
できますので、そこまでいけば将来の心配をすることなく今を謳歌できるように
なることでしょう。

 

5.手間が掛からない

株やFXはやり方にもよりますが、基本は毎日情報を集めたりチャートを
チェックしたりする必要があります。

集中できない間はポジションを閉じている方も多いと思いますが、それだと
結局労働と変わりません。

かといって寝ている間や仕事をしている間もポジションを持つことには
ある程度のリスクがあり、そこをどうするかが問題になります。

 

収益不動産は少なくとも僕がやっているようなおまかせ投資の範疇であれば、
手間はほとんど掛からない。

普段は電話対応と書類整理程度しかしていません。それも月に何度もある程
ではないので、時々収益不動産を持っていることを忘れそうになります。

 

不動産を新たに取得しようとか、融資を受けようと「現状を変える行動」を
取る時だけはとても忙しくなります。が、全体の仕事量で言えばほんの僅か。

毎日毎日、何かをチェックしなければいけないとか、意識を集中しなければ
いけないことはありませんので、普段の仕事が忙しい方には最適。

夜もゆっくり眠ることができます。

 

「副業」としてはもっとも手間が掛からず、得られる収入は多いのが
不動産投資です。

 

6.人との交流がある

株やFXは、結局のところ「独りの世界」です。
生涯の仕事として、多くの方は選びにくいのではないでしょうか。

中にはそっちの方がよいとの意見もあるかと思いますが。

 

不動産投資は人との交流が主な仕事です。人に快適な空間を提供する
ビジネスですから、人と関わらずに終わることはありません。

僕自身、入居者さんと交流することはありませんが、管理会社さんや
銀行さん、不動産売買業者さん、税理士さんをはじめとして、多くの
方と関わってここまできました。

実際にそれを経験し、今の仕事を引退した後でも続けられる、非常に
やりがいのある仕事であると感じています。

 

実際、サラリーマンを辞めてプロとして大家業をされている方は
著名なブロガーさんにも複数人いらっしゃいますね。

セミナーなども開き、活発に活動をしていらっしゃるようです。

僕がそこまでやるかどうかはともかく、不動産投資の本質が人との
交流にあることは、他の金融商品に無い大きなメリットと思います。

 

メリットの分だけデメリットもある

主なメリットはこんなところですね。

よく言われる「節税になる」だとか「経費で落とせる」なんて部分は、
僕はメリットとは考えていません。

得られるキャッシュフロー以上に金銭的なメリットは享受していると
思いますが、それは利回りに含める話でしょう。

 

追加すると、僕にとっては、「事業主になる」のが非常に大きなメリットと
いえます。それは単純に子供の頃から自分で会社を立ち上げたいとか思って
いたからであり個人的な意見ですので、上には含めませんでしたが。

細かいことを考えればまだまだメリットは多くあると思いますが、
無理やり引き伸ばしてもこじつけ気味になってしまいそうですので。

次回から、不動産投資のデメリットについて再考していきます。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 仕事のしんどさは本当に今の時代だからですか?
  2. 子供の為には最善を尽くします。
  3. 相手が企んでいることを知りたいと思いませんか?
  4. 弾けないバブルはありません。バブルとどう向き合っていくかが問題です。
  5. メリットとデメリットの比重をはっきりさせておきましょう。
  6. 想像力を鍛えることが思考の基礎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る