金融機関と対等な関係を構築していくための方向性

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

金利負担というのはやっぱり大きいもので。

金利分は経費計上できますから、実際の数字よりは資産や収入の
損耗は小さいですが、それでも結構な負担です。

僕は収益不動産でも、そして診療所経営でも融資を受けており、
総額で言えば金融機関の上客としていられるレベル。僕の利払い
だけで人ひとり雇ってもお釣りがたくさん来ます。

金貸しが儲からなくなった、なんて何の冗談でしょうか。むしろ
以前が儲けすぎだっただけでしょう。

 

事業をしていくうえでは、他に経費を掛けたい部分なんていくら
でもあります。

利払いが多少安くなっても利益が多くなって納税額が増えるのは
確かですけれども、だったら利払いが少なくなった分だけ経費を
増やしてしまえばいいわけで。

それこそ前述のように、利払いが減った分だけ雇用を増やせば、
サービスは充実し労働環境は改善し、と良いことだらけ。

 

融資をして下さるのは非常にありがたい。融資をしてくれる銀行
なりがなければ何の事業も始められませんし、経営の維持も困難。
銀行との付き合いはとても大切です。

しかし、必要以上に利払いが多くなってしまうと元の木阿弥で、
己の事業の競争力が失われてしまう。結果、経営が不安定になり
返済にも困ってしまう。

これは銀行に対する裏切りにもなります。

 

金利交渉は積極的にすべきでしょう。それが事業の競争力を高め、
返済が更に安定することくらい銀行サイドも理解しています。

金利交渉は基本、金融機関は嫌がる事。金利低下は利益の減少に
直結していますので。

けれどもそれ以上に銀行は、金利の高低よりも貸出金額の増減や
顧客離れを気にするものです。金利の低下が相手に大きな利益に
なるのも当然分かっています。

もし貴方が銀行から大切にしなければいけない顧客だと思われて
いるのであれば、無下にはされないでしょう。

 

経営のために、怖いかもしれませんが金融機関との接触、交渉は
積極的にするべきものだと思います。

 

現金があっても融資を受ける理由

不動産投資の場合、無借金経営まで辿り着いてしまうと最早何の
面白味も無い、ド安定の事業になります。

無借金経営になると、それはもう事業ではなく資産でしょうね。

リスクのある経営に面白味を感じたい人は少ないでしょうから、
ほとんどの方にとっては理想的なのだろうとは思いますが。

この点に関しては僕が特殊であるのは理解しています。リスクを
多少なりとも抱えていなければやる気が失われてしまう可能性が
極めて高く、融資をゼロにしたいとはあまり感じません。

 

それは、不動産投資以外の事業を本業として保有しており、銀行
との付き合いが極めて重要であるのが理由です。

人を雇っている以上は常に経営リスクが存在します。人件費こそ
最大の負債となる可能性があるからこそ、数字上で事業を見ると
多くの経営者が人件費を削りたくなるんです。

一度何らかの事業を経営してみると分かりますが、現金や換金の
容易な金融資産は案外少ないもので。逆に急なお金が入用になる
場合は常に存在します。

 

急な支出が必要になるタイミングは、不動産投資でもありますね。
僕も先日、エレベーターリニューアルのための資金が必要となり、
融資を受けました。

現金は十分保有していましたが、それでも融資を受けました。別
のことで急にお金が必要となる可能性が否定できなかったため、
です。

納税だって相当に負担が多く、ある程度資金には余裕を持たせる
ようにしたかった。支払いや納税で胃がキリキリする生活はもう
たくさんですから。

 

現金の保有が少なくなりすぎると困るのが、人件費なんです。

毎月の事で、必ずお金を用意しておかなければいけません。それ
だけでなく、ボーナスや退職金も準備が必要です。急な支出から
現金が不足して遅配や未払いが起きようものなら、もう終わり。

一気に倒産まっしぐら。

 

そんな時に金融機関と良好な付き合いがあれば、緊急時の財布と
して使えますし、普段から融資を利用し手持ちに余裕のある経営
をしていれば、困るケースは大きく少なくなるでしょう。

融資は、事業においてやっぱり必要な存在です。

 

対等な付き合いが理想

だからこそ、金融機関とは良好な付き合いを作らなければならぬ、
と考えます。

なぜそこに金利交渉が必要であるか。

良く考えてみて下さい。金融機関の融資担当は「変わる」んです。
申し送りはされているでしょうが、全くの別人になる。

新しい担当からしてみれば、高金利で融資を借りっぱなしの相手
がどう見えるか。経営の緩いカモでしかない。ただの既得権益で
あまり波風立てたくない存在に留まります。

 

金利の高低だけで、相手がどれだけの実力があるかが見えます。
素人でも分かります。

金利は、相手に舐められないためにも経営のためにもしっかりと
引き下げておくべき部分です。関係性を引き締めるには大変重要。
甘やかすだけが子供の教育でないのと同じ事。

 

緩急が大切でしょう。まだ借り入れを増やしたいと思っていれば
無理な交渉は禁物です。金利を引き下げれば、しばらくは融資を
して貰えない可能性が高い。

現在、自分が金融機関に何を求めているかをしっかりと考えて、
銀行との間合いを図って下さい。

間合いを詰めるか、引くか、維持するか。よく検討を。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ノンバンクだからこそより厳しい視線が浴びせられます。
  2. 補足。画像は関係ありません。
  3. 一部金融機関の不動産融資引き締めは地方投資には逆風です。
  4. 何が大事な言語となるかは状況次第
  5. 金融の世界は次々変わっていきますね。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る