『不動産投資家』と『大家さん』は似て非なるもの

この記事は3分で読めます

いつも応援ありがとうございます。



 

おまかせ投資は最高の不動産投資法であると僕は確信しています。

確信してはいますが、ここに少し条件を付け加えさせて下さい。

条件とは、「空いた時間で不動産以外に価値を生み出すことが
できる、もしくは挑戦したい人に限る」というものです。

 

トップページの下方にあるコンテンツ、読んで下さいましたか?
あれは以前トップの一番上に置いていたのですが、デザインを
リニューアルした時に下の方へ下げてしまいました。

下げた理由はコンパクトなデザインにしたかっただけで、
あそこに書かれていることが僕の一貫した方針であることに
変わりはありません。

そこには、『収入の3つの柱』について書いてあります。
給与収入投資収入事業収入の3つ。

最終的には法人化した不動産収入や事業収入から役員給与、配当金の形で
給与収入や投資収入を得ることができれば、その時初めてサラリーマンから
脱却することができる、とのことを書いたはずです。

 

この収入の3つの柱の構造を組み立てようと努力をする方にのみ、
おまかせ投資を強く推進します。

おまかせ投資で不労所得を得て仕事を辞めよう、脱サラしよう、
悠々自適な自由な生活をしよう、と短絡的に考えている方は、
おまかせ投資をしてはいけません。

これまで何度も繰り返していますが、おまかせ投資はプロに任せる部分が
多くなり、経費が余分に掛かります。悠々自適な生活を何十年も続けられる
収入を得るには利益効率が不十分。

相当に規模を大きくできるまでは、生活費、交遊費、修繕費、運転資金の
全てを不動産収入だけで賄うのは厳しいのが現実。

 

あくまで、給与収入や事業収入でおまかせ投資の効率の悪さを補うことが
できる方のみ、おまかせ投資で幸せになることができます。

要するにお任せ投資は「仕事がしたくない人」向きの投資法ではなく、
「仕事をしたい人」向け、「志の高い人」向けの投資法ということです。

というと自画自賛しているように聞こえ過ぎですので、言い換えておきます。
「強欲な人向け」の投資方法です。(笑)

こんなになるまで仕事している方は仕事を辞めたくなっても仕方ありませんが……。

おまかせ不動産投資は仕事をしたい人のための方法論

仕事(サラリーマン)を辞めたいと思っている方は数多くいると思います。
が、その思いは本当に様々なのではないでしょうか。

僕は仕事を完全に辞めて生産性の無い趣味に没頭したいとは全く考えたことも
ありません。そんな人生、僕にはつまらなさそうに感じます。

でも中にはそう考えている方もいると思いますし、それが悪いとは思いません。

仕事疲れ、ストレスから逃げ出したいとの思いから具体的な先のことを考えずに
不労所得で生活をしたいとの願望が出ているだけ、なんて方もいらっしゃるのでは
ないのでしょうか。

 

残念なことに、その夢は宝くじにでも託した方がよさそうです。

不動産投資はそこまで好都合な投資ではありません。

 

お金を得るという行為は、価値と価値の交換によるものです。
労働でだろうと不動産投資だろうと、そこは決して変わりません。

おまかせ投資はそのシステムを最大限に利用し、労働時間を短縮しつつ
お金を得よう、との考えに基づいています。

時間とプロの技術をお金で買うことで効率を高めています。
当然、その分だけ手元に残るお金は減ります。

 

なぜ、手元に残るお金を減らしてでも時間が欲しいのか。
そちらの方が全体で見れば利益効率が良いからです。

不動産投資による利益効率を最大限に高める努力をするよりも、
自分の得意分野、専門分野を活かした事業を繰り広げたり、
給与を増やすための努力をした方が伸びしろが大きい。

だったら不動産投資における難しいことはプロに任せてしまって、
自分はそちらに専念できる環境を作った方が効率良いじゃないか。

そこがおまかせ投資のベース思考。

 

逆に言うと、それができなければおまかせ投資はあまりにも利益効率が
悪く、ローリターンミドルリスクの投資になってしまいます。

おまかせ投資は、収入の3つの柱を構築し、全体の利益効率を高める構造が
できていてこそ完成する投資法なんです。

 

不動産投資家と大家さんの違い

他にやりたいことがなかったり、価値を生み出したりする自信が無ければ、
不動産投資における利益効率を高める努力をする以外に道はありません。

それがセルフリフォームだったり、自主管理だったりする訳です。

本来であればお金で解決可能な部分を自らの労働力で埋めることで、
利益効率を高めることができれば不動産収入だけで生活費も遊行費も、
修繕費も運転資金も賄うことができることでしょう。

一般的な「大家さん」です。

 

ただし、大家さんになりたいのにいきなりRCマンション1棟に手を出すのは
非常にリスクが高い。RCマンションは自助努力で減らせない経費が非常に多く、
「大家さん」による経費削減効果が低いため。

「大家さん」を目指すなら、戸建投資、木造アパートといった自己労働力による
経費削減効果の高い物件を選ぶのが良いでしょう。

特に戸建投資は購入資金も小額で済み、融資を受けずともスタートできますから
お勧めです。

何より、楽しそうですよね。僕も戸建投資をする時は、勉強しながら創意工夫を
楽しみたいな、と思います。

 

おまかせ投資は自分向きではないな、と思った方。
戸建から不動産投資をスタートしてみませんか?

興味を持たれた方はこちらをお読み下さい。

 

宜しければブログランキングも応援クリックお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. シェフのおまかせコースを注文した経験はありますか?
  2. 信用してもらえる努力、していますか?
  3. 本当にその手を握っていいのか、よく考えて。
  4. 融資を受けずに小額でも始められる。REITのメリットです。
  5. ちょっとした気遣いが商談をまとめるきっかけとなり得るものです。
  6. 動物社会にだって格差はあります。しかも命に関わるレベルでの。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

不動産投資を中心に、金融・経済、そしてビジネスについてコラムを書いています。

きりのきについて


人気ブログランキング参加中です。お楽しみ頂けたら応援お願い致します。



楽待不動産投資新聞様にて時々コラムを書かせて頂いております。

2014年4月不動産投資を始める際に最も重要なリスクヘッジの仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る